グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ07 電波女と青春男 1/8藤和エリオ フィギュアレビュー

発売:2012/10:CM'sシーエムズコーポレーション 原型:黒乃恵

上物エリオ10体以上フィギュアで出ている藤和エリオは選り取り見取り、どれを選ぼうか、悩むほどたくさんある。よつばとフィギュアでは世に出たマスプロダクツ物エリオのうちフォロー率は2/3ほどだが、出来の良いものは逃さずレビューしていると思う。そういう中にあって、このエリオはおそらくかなりの上位に入ってくるだろう。個人的にはトップ3くらい。スリットより覗くぱんつも、もれなくすじ付きで刺激的だし。エロ面や良し。情報量もそこそこだ。このエリオの背中は髪の毛のボリュームが支えている。服の背中は……まあお楽しみのために許せってことで。じつは野暮ったい太い服パーツのほうが、長期間持つ。クリアパーツがカワイイというか、エリオはデザイン的にフィギュア映えする子だなあ。斜め上より。エキゾチックな魅力をふりまく少女。似てる似てないはどうでも良くなる顔の仕上がりだ。かわいいはとにかく正義。そういやラ・ボーテは第6弾につづけて電波青春だな。主役のほうが後だけど。前髪パーツ精度は意外に高いかも。厚ぼったい服だが、ギミックのためには仕方ないぜ。貧乳だが着ぶくれして並乳化している。後ろは――これ以上ははまってくれなかった。スカートエリオは素足のイメージが強い。いろいろ使えそうだなこのパーツ。ぱんつは純白だ。もっこり的にいい形状をしてるじゃないか。キャストオフ脱ぎっぷりかなりスレンダーになっちゃってる。各パーツの分割は完璧だ。脱がせたまま飾るって手もあるかな。藤和エリオのエリオたるバスト。ロリコンよ見よ、このブラを。そして買うが良い。ロリコンなれば。パーツ分割がホックのところで。上手いぜ。パンツのお尻側は逆に服の影響か、すこし残念な形状だ。布が少ないのに、それを活かしたはみ出しなどがない。それでも前側はすばらしい仕事だ。あそこの線もくっきり。

2011年発売フィギュア レビューリスト