アルター 劇場版 デート・ア・ライブ 万由里ジャッジメント 1/8時崎狂三 フィギュアレビュー

発売:2019/12 原型:明田川昇 彩色:五日市歩

「士道さーん――」「――また貸し、ひとつ」「……ですわよ」 重要キャラだが劇場版での登場はほんの一瞬といえる短さ。 銃をもつポーズはほとんど最後のほうで一瞬だけ登場したもの。 劇中の中判で取った挑発なポーズと互換。 一周撮影は銃つきで。 さすがアルター、完成度は一発だ。 巨乳に類する狂三はこれまで購入してこなかったが、武器を持つ子に弱いので、武器×アルターでなんとなく予約していた。 それでも魔乳や超乳だとさすがに対象外となるが。形の良い大粒だ。 クオリティはさすが。フィギュア写真のシャープネス処理などはいつもの通りで、とくに変えてないにもかかわらず、解像感ある出力結果になってる。 現像&編集バランスが同等であるなら、写真のフィギュアが細部まで解像してるように見えるなら、それだけ現物のパーツがシャープでエッジが立ってるということだ。 キャラの雰囲気に合わせるため、暗い照明で写している。彼女の登場は夜と日影だ。 陰影にうまく凹凸が映える。 左目の時計がくっきり見えるぜ。 精霊なので本来はオレンジ部分が発光している。逆光系の照明のほうが良かったかな。 暗いとさすがに発光的な演出は望めない。バストアップ 銃のデザインは古めかしいぜ。でも放たれる攻撃は人智を超えたもの。 挑発的に見えるポーズは会話の中でポーズを細かく変更した中のひとつにすぎず、別にそういう意図はない。もっとも彼女の裏設定では恐るべき正体がある。 どちらでも好きなポーズで飾れるいい仕様。私は銃かな。 髪の毛。 胸や服など。背中 明るい照明下だと設定通り、燐光を放つようにたぶん見えるかもしんないスカート。 デートしまくる士道から離れて見守る第三の精霊。 強調される胸元。 スカートの中は素敵空間。 すじあるね。 張りの良いでんぶである。 このぱんつのため買うのはアリかな。

デート・ア・ライブ シリーズ レビューリスト
2019年発売フィギュア レビューリスト