中二病でも恋がしたい!戀 1/7小鳥遊六花 フィギュアレビュー

発売:2014/12:コトブキヤ寿屋 原型:グリズリーパンダ/エイル

とっくに録画完了してたのに見忘れてたぜ。左右の瞳が色違いっ。箱はこんなの。イメージカラーに合わせ、背景紙は濃い紫色。じつはこの背景色、色被りが激しくて最難関の壁紙のひとつだ。新ツール群はこいつを攻略できる環境を整えるため揃えたようなもの。このVサインは苦手克服の印でもある。ずっと苦労してたのが、たった数分でクリアできるようになったぜ。投資額は15万円を超えたが、積みフィギュアは総額100万円を余裕で超えるから、山を崩すにはいいカンフル剤だ。これで積みフィギュアも順調に消化できる自信がついた。色作りが苦手というか下手すぎてたりして、未開封が積もりに積もっていやがるからな。整理して階段に集めたら歩く場所がなくなったほどだぜ。このフィギュアもレビューまで9ヶ月放置してた。このフィギュアはグリズリーパンダ氏の作品だ。リアルではなくデジタル空間で形作られた造形物。彼の作品は魅せるものが多い。六花のフィギュアは何体か出ているが、原作とアニメ双方とも未見なためフィギュア購入基準は自然と厳しくなるが、この六花は見ての通り台座に遊び心があって見映えのするいい感じなやつだぜ。スカートの間よりわずかに黒いものが――パンチラ。ピースサイン最近のレビューにはいつもよつばちゃんが混じってるがウォーターマークっぽいもの。うむ、やはり良い撮影・現像ツールが揃うまで連日レビューをしてなくて正解だぜ。いくら無理に未開封を消化しても、写真がアレだったら満足度は低い。レフの扱いとかが下手で陰影の表現はまだまだだが、色だけは高確率でニュートラルなものが出るようになった。あとは硬軟の付け方とか。色被りを補正しきってる証拠は白が白く見えてるかどうか。さらに白パーツ部分のグラデがしっかり発色できてるか。暗くした。単純に露出を下げただけ。こちらは半逆光。上半身眼帯少女のヒロインで元気系ってすごいな。謎の金色瞳。髪はちょっと紫成分の入った深い青。女子の黒いブレザーは萌える。胸はちいさい。これ重要。包帯と腕。背中チェック柄のスカート。台座のなにか。ロゴ黒い下着で大人の階段。こいつはエロいぜ。スカートをはかせた状態ではこんな感じ。おとなパンツの大人な部分があまり見えぬ。脱がせて接写だ。この黒ぱんつはロリ系キャラがはくものとしては良いものだ。

2014年発売フィギュア レビューリスト