ちょこッとSister 1/8ちょこ通常版&ワンダーフェスティバル2007夏限定版 フィギュアレビュー

発売:2007/08,09:HOBBY STOCK 原型:小幡貴比呂

ホビーストックがヤッちゃった、裸エプロンちょこ2種。しかもさらにキャストオフが可能。まずは9月リリースの通常版。限定版はイベント直前になって発表されたため、製品タイトル名に通常版との表記はなく、本サイトレビューにおける便宜上の区分。白エプロンいきなりの直球。危ないほど突きだしているおしり。これが普通に発売される日本に住めて万歳。でもさすがにおおっぴらには飾れない……女性がいる前でこれ平気で飾れたら、きっと漢だね。すまし顔髪の毛のふんわりな広がりに注目。唯一体を覆ってるエプロン。あかん、ヤバいぜ。エプロンの繋ぎを切れば下に隠れた小粒のおっぱいが見える。背中側よりエプロンの紐を少しずつ剥がし、途中で頭部を取って肩紐まで根気よくゆっくり剥がせば、接着以外非破壊でキャストオフできるのだが、1時間粘ったところで失敗し、あえなく強制切断となった。こちらは1分でOKだが原状回復が不可能となるので覚悟が要る。乳首まであってエロエロだぜ。その気になれば全裸も可能だが、肌にミゾとかダボ穴とかあるので、あまりお薦めできない。この状態で飾れる奴は勇者。胸はこの辺として、次はケツ拡大へ。さすがにアソコの表現まではない。あったら完全に18禁のうえ、下手すりゃマスコミの記事になりかねん。同人フィギュアじゃ欲望に正直な線が造型されたりしてるが。線がなくともこれはこれで!バックベアードさまが見てる。このロリコンどもめ!ネコミミモードちゃうねん裸エプロン。通常版に先行すること1ヵ月、2007ワンフェス限定版。これ出るって知ってたら澄ましてる通常版なんか買わなかったよ。エプロンは黒。ねこにゃんダンスならちょこは黒猫でくろねこにゃん。でもしっぽはない。あったらとんでもねえ。エプロンはクリアパーツ。下半分はじょじょに薄まる。おしり全開。アップ上から見るとこんなの。胸はない。まったくない!裸エプロン脇の下とか。スリッパは脱げる。エプロンの一部を切断すれば強制キャストオフで胸とか見える。ネコミミのうえほとんど丸裸……塗られてないけど胸の先とか――アバラの陰影までしっかり造型されている。つづけて下の方。秘所を隠して……でも見えて……スジとかの表現はさすがにないけど、モロ。

2007年発売フィギュア レビューリスト