アスタロッテのおもちゃ! 1/8アスタロッテ・ユグヴァール フィギュアレビュー

発売:2011/11:コトブキヤ寿屋 原型:清原秀昌

いきなり悪魔のように愛くるしいロッテがリリース! いや悪魔そのものか。ロリロリ悪魔っ娘も萌え属性の一つなのだ。アスタロッテ・ユグヴァール初のマスプロスケールフィギュアはコトブキヤ製だ。かなりの出来だな。一目で満足度はいきなり決定版か? といいたくなるほど。顔の再現度がもう一声欲しいところだが、原作の絵柄がどう考えてもフィギュア化の難しい葉賀ユイ氏ということを考慮しなければならない。ロッテのフィギュアはウェーブ版やシーエムズ版も予約しているけど、サンプルを見る限り、個人的に薦めるとすればこのコトブキヤ版になるだろう。ロリ長髪は後ろ向きになるとデフォルメフィギュアでもないのに、髪の毛に体の多くが隠れてしまう。原型の清原秀昌氏はロリ専というわけではないが、コトブキヤではスレンダー系キャラでの起用が多い。したがって私が所有するコトブキヤ製品にはロリコンゆえに清原原型のフィギュアがかなり含まれている。それにしてもよく出来てる。ロッテの性格を考えればポーズはおとなしめだが、場所をほとんど取らないので飾りやすい作品に仕上がっている。顔再現は原作というよりはアニメに近いと思う。個人的に方向性としてはそれで正解だ。経験的に、この原作の絵柄はフィギュアでの再現には確実に向いていない。のいぢ氏やPOP氏とおなじく、葉賀ユイ氏の絵はフィギュアでその魅力を表現しづらいタイプだ。原型師との相性が奇跡的に組み合わさったときのみ、良作が誕生する。フィギュア化の実績の多いPOP氏やのいぢ氏では、中堅以上のメーカーが10体作って、1体あるかないか、それほど少ない。だからこのロッテがイメージと違うかもといって、さほど騒ぐほどでもない。アルターやグッスマなどが作ったとしても、しっかり似てくれる方が少ないだろう。あ、下の一枚はベストアングルっぽいもの。あかんべー髪の毛の部品精度はちょっとだるいかも。この部分はABSだ。扱いに注意。後方より、髪の毛全景。ロリ胸を見ようじゃなイカ。前バリというか、肌の露出が密かに高い。手など。地味だが注目したい要素として、爪で2色使っている。背中だぜ。ワンポイントのへそ出し。スカートだぜ。ロリキャラにつきもののハートマーク。悪魔のしっぽの先端もハートマーク。脚部はハイニーソだが、布質は厚手だ。ぱんつは無難な仕上がりだ。エッチではないが、かわいい。エロ要素はかなり抑えているが、プライズフィギュアのような手抜きによるそっけなさはない。ゴムやクロッチあり。シンプルかつ清潔な下着になっている。しわはおしり側にちょくっとあるだけ。しっぽに合わせてローライズというわけではないみたい。以上、ロリロリなロッテだった。顔からぱんつまで、可愛いさを押し出した内容になっている。

2011年発売フィギュア レビューリスト