AQUAPAZZAプレミアムフィギュア ToHeartトゥハート マルチ フィギュアレビュー

■うんこあ行 た行
発売:2013/08:SEGAセガ

マルチのフィギュアは5年ぶりか。こんな整った顔しておきながらプライズなんだよね。出来いいぜ。人形は顔が命。アクアプラスのキャラが戦う格闘ゲーム・アクアパッツァより、ToHeartのマルチがフィギュアとなって登場。マルチは私が本格的にフィギュア収集をはじめるきっかけとなったYUJIN SR ToHeartシリーズのキャラなので、それなりに思い入れがある。それまでは買ってはすぐ売り払ったり処分してたりした。それだけSR ToHeart以前と以後とでは、PVC/ポリレジン萌えフィギュアの完成度に格段の差があった。一度SRの領域に入ったら、他社もその水準にアップするしかなかったのだ。YUJIN SR ToHeartのリリースはパート1が1998年発売。このアクアパッツァ・マルチレビューが2013年なので、もう15年も前になる。原点のくせにじつはまだ未レビュー。そのうちなにかのきっかけでアップするかも知れない。倉庫か押し入れに埋もれてるけど。マルチ制服バージョンはパート1に入ってる。このマルチ、細部をしっかり今風に直してるね。SEGAもやるな。私はアクアパッツァをプレイしたことがないので分からないのだが、この頭身バランスやパーツ形状はゲームを再現できてるのかな?なんにせよ最近のアクアプラス作品における頭身バランスや雰囲気に合致してると思う。いい顔をしてるじゃないか、モップメカ少女。台座も適度に小さい。フィギュアのサイズはざっと1/8スケールといったところ。いい顔だ。バストアップこの見上げる感じがマルチをよく表現できてる。アイプリントはToHeart2系統だ。プライズゆえ正直なところパーツ精度はダルくて野暮ったい。それでも顔の可愛らしさは特筆もので、ファンにはお奨めできる。ロボ子萌えにもいいだろう。ロボットな耳。現実にはありえない赤い萌え制服。15年以上前からすでにオタクカルチャーには浸透していたのだ。おっきなリボンに隠れてるけど、あまり胸はない。貧乳。モップなで肩&背中絶対領域台座の文字。パンツは白い。プライズフィギュアのレベルでペチコート? それともシャツの下? を別パーツで再現してくるとは。赤い前リボン付き。下着のディテールそのものは良くあるプライズ並というところ。

2013年発売フィギュア レビューリスト