アクセル・ワールド 1/8黒雪姫 フィギュアレビュー

発売:2013/12:グッドスマイルカンパニー 原型:爆殺シューター

黒雪姫の決定版ともいうべき作品が登場。こいつぁ傑作だ。1/8スケールとしてはビッグな箱だぜ。座ってる姿だけど、このボリュームなら箱が大きいのも仕方ないぜ。これまで発売されたすべての黒雪姫の中で、個人的に一番だと思った。いわゆる決定版だ。エロ度ではぱんつ一丁に剥けるマックスファクトリー版の黒雪姫がトップ。ノーマル版はグッスマ、エロ版はマックス。可動物はfigmaで。この3体を持っていれば、黒雪姫フィギュアは大丈夫だろう。ただし場所を大きく取るのは仕方ないぜ。黒雪姫アバターの象徴でもある巨大な蝶の羽根。塗りは全体的にテカりすぎず、落ち着いた色調でまとめられている。一言であらわすとシック。顔はやや下向きなので、この黒雪姫と目線が合うように飾るなら、比較的高い位置が良いと思う。どアップこの無表情がよいのだ。ハルユキにだけ向ける笑顔は、リアルワールドでの黒雪姫のものなのだから。バストアップほとんど蝶の羽根だな。顔の造形、マックス版はやや濃く、このグッスマ版は淡泊。アホ毛は付け外し式。ABSなので取り扱いには注意だ。めっちゃ細いボディ。ネット世界のアバターであるが、リアルの黒雪姫もおなじ体格という奇跡。鎖骨に肩から腕。黒い羽根。背中はおおきく開いている。そのためスカートの後部から、けしからん谷間が。こういうタイプのスカートはなんというのかな。まるでカーテンみたい。蝶の飾りは金属製だ。ここに擦れると塗装が剥げるので、ディスプレイ時の扱いは注意。性的にそそる美脚ライン。いきなりキャストオフ。座っている椅子は普段まるで見えないのだが、造りは手を抜かない。パンツは濃い青紫だ。エロい要素はなにもない。ただシンプルに。でもローライズ的ではある。黒雪姫フィギュアの下着はそういうデザインが多いね。エロ方面はマックス版があるので、グッスマ版はスカートつけた状態で大人しく飾るほうが良さそう。そのほうが安定度も高い。

2013年発売フィギュア レビューリスト

© 2005~ Asahiwa.jp