一番くじアクセル・ワールド A賞 黒雪姫フィギュア黒揚羽蝶Ver. フィギュアレビュー

発売:2012/09:バンプレスト

エロ可愛い黒雪姫だぜ。ノーマル14種、ラストワン1種、全15種のうち、A賞だけ。私は店頭で引くときいつも5回ずつだが、今回は最初の5回でいきなり引き当てた。我ながらびっくり。そこで終了。A賞のインパクトがでかすぎて、B賞以下が霞んでしまうレベル。そもそもなんで今回はスケールクラスのリアルフィギュアがノーマルラインアップでA賞だけなのだろうか。別にどうでもいいけど。B賞以下は未開封ですこしでも資金回収する要員。でっかい羽根がインパクトあるね。黒揚羽。黒い蝶々。台座には穴があって、翼を支える透明のプラ支柱が付いている。撮影に際し外してあるが、長期間飾る際には支柱はあったほうが良いだろう。背中が重くて傾くだろうし。なかなかに存在感のあるフィギュアだ。まさにリアルタイプで作って見応えあるフィギュアだね。デフォルメだとあまりすごさが伝わらない。可愛くて優雅で気品もある。妖精みたいな格好だぜ。顔アップの撮影はあえていつもより距離を取り、周囲の情報を多めに。ほらこの構図。視線の正面で羽根がいい感じに空間を埋めるのだ。お顔の情報量はあまりないかな。触覚のディテールは甘め。その辺はプライズなのでご愛敬ってところで。離れて見たときの豪華さで、多少のアラは吹き飛ぶんだぜ。肌の露出が多い、というか下着付けてない、肌に貼り付いてるだけの服。バーチャルの存在で現実の服じゃないから、こんな際どい服装にもできる。背中側は思いっきり露出だ。ほとんどなにもない。おしりまで。揚羽の翼造型レベルは並だが、サイズそのものが欠点をカバーする。上質なスカート。カメラ写りがなぜか良くて、きちんとシルクに見える。腰回りに羽ばたくシルエット。社交界の貴婦人には欠かせない、日傘だ。台座の文字。KUROYUKIHIME。エロパート。バストは残念ながらきっちり隠れており、まったく見えない。かわりにスカートがすぽっと抜ける。色移りに注意。後ろからだとほとんどぱんつだけだな。大胆。黒パンツ、すばらしいことに、超ローライズだ。アバターなのに。前側は最低限の部分しか覆っていない。さすがにスジとかの構造はない。おしり側は最初からずり落ちてるようにすら見える。布の少ないパンツ万歳だな。

2012年発売フィギュア レビューリスト