地方に勧請された諏訪神社

おでかけフォト
撮影:2016/04/11

 日本全国にはおなじ名前の神社がたくさんある。

 ちょっと遅い花見をしつつ田舎の「諏訪」を訪れる。

 諏訪神社にきたぜ。といっても車で家から1時間足らずでいける近場のだが。

 諏訪大社系の神社はお社を構えたところだけでも日本全国に1万箇所もある。ただの祠レベルや他の神社に間借りしてる摂社・末社も含めればざっと2万5000だ。主祭神として明記してる社――神社庁管轄級が2616箇所(神道学者岡田莊司調べ)。今回のフィギュアは諏訪信仰の主神「タケミナカタ」をモチーフとした東方プロジェクトの八坂神奈子だ。

 御柱祭に行けなかったので、御柱な諏訪姫の萌えフィギュアといっしょに諏訪神社へ。

高知県佐川町 諏訪神社

 主祭神を明示している2616社のひとつ。家からは2番目に近い諏訪だ。一番近いとこは社がない道祖神レベルだったのでスルーした。

 なんか神木があった。

 オオクスだって。

 でけえ。境内で突出してでかい。

 勢いでべつの諏訪。家から4番目くらいに近いっぽい。

高知県越知町 諏訪神社

 おなじく奉納モドキ。

 高知には諏訪神社が少なくとも7つある。どこかの神社などにお邪魔してるやつも含めればたぶん20くらいあるだろう。母数が25000と特大だから、諏訪信仰のいわば過疎地域だな。

 高知の諏訪は高岡郡って地域へとくに集中してる。今回写真に収めた2箇所とも高岡郡。

 社の軒に土佐藩主・山内家の家紋が。お殿様の許可を得たってところか?

 長野県諏訪地域および近郊の神社といえば境内の四隅に御柱がそそり立ってるものが一定数あるが、高知の諏訪神社にそういうものは皆無だ。

 名前こそ諏訪だが、信仰の内容は普通の神社と変わらない。さすがに御柱祭の式年造営は無形&有形文化だから、諏訪以外の地域じゃ容易には真似できないのだろうね。

 あとは普通に花見して、諏訪姫で花見酒だ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp