チューリップ畑をマクロレンズで

おでかけフォト
撮影:2011/03/13,03/26

 マクロレンズを野外撮影へ本格初投入の回。

 やあ、諏訪子だよ。

 今回の野外撮影は、花を写しに来たよ。

 観賞用のチューリップ畑だ。撮影はマクロレンズ。

高知県香南市 かがみ花フェスタ チューリップまつり

 ここにはなんと、50種類以上のチューリップが……あれ、来るのが早すぎたようだ。高架のトラ縞電車は、高知で阪神タイガースが春季キャンプ開いてる縁による。

 ろくに咲いてないから、時期をずらして満開の情報が出たらまた来るよ(記事後半)。

 とりあえずつぼみから咲くまで、連続写真。

 つぼみが見えてきた。

 一気に変色して。

 花が咲く。

 時間が経てばさらに開いて、中のおしべやめしべもよく見えるようになる。

 二週間が経ったぜ。3月末、春を告げるフキノトウが開花する時期だ。

 わあい、今度はど満開だ。

 整列したチューリップたち。

 種類ごとにまとめて植えている。

 ズームを外し、マクロレンズを取り出して撮影だ。これまで野外撮影はほとんどズームレンズしか使わなかった。花くらいは単焦点マクロを使いたい。ボケ質ががらりと変わる。溶けるようになめらかだ。

 画質にこだわるなら理想はいつも単焦点なんだろうけど、このチューリップのように写すものが決まってないとなかなか難しい。私は次善として、いつもは低倍率ズームを2台のカメラで使い分ける選択を取っている。ズームレンズも高倍率よりは低倍率のほうが画質が良い。

 いい感じに写ってるかも?

 フィギュアとはまた違った写し方が求められるねこれ。

 絞りはF2.8からF5.6の間だ。

 変わりすぎて、あまりチューリップに見えないな。

 白いのもあるのか。

 わかりやすいアクセントだ。



黄色

 これもチューリップ?

 マクロレンズの花卉撮影はズームより難しく時間もかかるけど、高画質が保証されるから面白いぜ。ただ、人が多いところじゃあまり使えないね単焦点。こういう田舎の穴場でのんびりだな。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp