日本一早い桜の便り ソメイヨシノ標本木

おでかけフォト
撮影:2012/03/27

 2012年のソメイヨシノは、この一本より始まった。

 サクラだぜ。ソメイヨシノだぜ。

 背景になにか見える。

 お城だぜ。

高知県高知市 高知城

 いわゆる桜前線を形成するソメイヨシノの開花宣言。その全国初の常連が、高知県だ。2012年は3月21日の高知より、ソメイヨシノの前線が広がることになった。

 気象台が開花を判断する標本木は、高知県では高知城にある。開花宣言後およそ一週間経った3月27日、すこしは咲いた頃合いだなと思い、出向いてみた。ちょうどさくらの日でもあるし(1992年指定:咲く→3×9=27)。

高知城三の丸

 五分咲きといったところか。

 積極的に撮影するには花が足りないが、それでも人が足を止めて写すソメイヨシノが、一本だけある。

 こいつは特別なソメイヨシノだぜ。

気象台指定 植物季節観測用標本木 ソメイヨシノ

 2012年、日本の桜前線は公式にここを起点として広がっている。

 どの地域でも標本木の花が10個くらい咲けば、開花宣言となる。

 とりあえず標本木の桜を楽しんでみてくれな感じ。

 満開ではないので、マクロ的な拡大撮影。

 どうでもいいけど物の本によれば、花のアップは満開より咲き始めのほうが綺麗らしい。

 ごく狭い範囲だが、花が重なってる角度を見つけた。単体だとほぼ白いソメイヨシノの花は、幾重にも重なって光が反射し合い、象徴的な薄ピンク色に見える。満開であれば労せず写せる色だ。

 ここからは高知城の標本木以外を適当に。

 超満開なすごい桜は今年すでに写してるので、気楽なもんだぜ。

 一番咲いていたのはこの木かな。七分咲きくらい。石垣からにょろりと、風流な個体だ。

 満開になったらさぞや綺麗なんだろうな。でもそのころには天気が崩れっぱなしなんで、晴れてるうちにとりあえず日本最速の地より、ソメイヨシノの便りだぜ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp