西条藤棚四連走

おでかけフォト
撮影:2012/04/29

 西条の藤は見事であった。

愛媛県西条市

 藤の花が満開だぜ。

 キレイである。愛媛県の西条市には数百年続く藤棚の伝統があると聞いたので、開花した時期に行ってきた。

 西条市には江戸時代、西条藩があった。藩主は俗に言う御三家こと紀州徳川家の分家だった。この手の高貴な家柄が直轄支配した地域では、風雅な趣味が奨励されることが多いようで、西条市には貴族の花である、藤を愛でる風習が残っている。

禎祥寺
 フィギュアは花の色に合わせてケロちゃん。

 お寺の半分が藤棚だ。

 今回は西条市にある藤棚のうち、おもな四ヶ所に行ってきた。

 最近になって地域興しや観光用途で整備したものではなく、由緒ある正統的な藤棚だ。禎祥寺の藤棚はうち一本が樹齢四〇〇年らしい。

 幻想的な空気だ。左にライトが見えるように、夜になるとライトアップする。

 虫も飛んでいた。

 うしろでボケてる建物は観音堂だったかな?

 つぎの藤棚に行こうか。

難波児童遊園

 二番目は新しい藤だぜ。

 残念ながらまだあまり咲いてなかった。

 ちょっと早すぎたみたいだぜ。

 それでも日当たりの良い外側はまとまって花が開いていた。

長福寺

 ここは雰囲気が素晴らしかった。

 上の藤と、下の草花がおもしろいコラボレーション。

 長福寺は藤の名所として、愛媛県内外でかなり知られているそうだ。

 この藤棚は三色の藤だというが、見に来た時期はまだ白い藤がなく、ピンクは咲き始め。それでも紫色のを堪能したぜ。

 下草となっている金魚草の群生がすばらしい。

 藤と同系色ってのが良いチョイスだね。

 よろしい。最後の藤棚へ行こうか。

藤森神社
 神社の名前が「藤」だ。

 カエルだぜケロケロ。

 ぼんぼりと藤。

 ここはちょうど見頃のド満開だったな。

 じゃあいつもの行こうか。つぼみ。

 膨らんできて――

 咲きそうだぜ。

 咲いたな。

 こんな花だ。

 マクロレンズで拡大。

 この藤棚も樹齢300年と、なかなかのものだ。木の幹は苔で覆われていて、味がある。連休には藤を写しに岡山へ遠征予定。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp