トレジャーフェスタin神戸4 レポート3

おでかけフォト
撮影:2012/10/28

 レポ3の3だぜ。最後にぷち野外撮影あり。なお掲載サイズは基本800・1000・1200ピクセルの3段階。

 今回はメガネ+大型アイカップ+マグニファイヤの組み合わせで初の長時間連続撮影に挑み、普通にファインダーで撮影できた。ついでに親指AFも撮影の100%で行った。フィギュアレビューではすでに100%親指AFだが、今後野外撮影でも慣れてくると、おそらく通常のフォーカスには戻れなくなるだろう。

はこむす

 ディーラー名記載済み。本文執筆予定。

魂天堂

3x3x3

EBO

AcesHigh&ないとめあくりえいつ

ちぐさ☆りょ

あきしおん

魔法ジ転写

MINIASCAPE

Impact Blue

コブラ会

S-MIST

ミリメートルモデリング

あらあらこまった堂

つつじのみつ

アトリエ・よかろーもん

御機嫌如何

クマとコガネムシ

組立彩色工房 岩崎

あおしんごう

One Two Justice

ULTRAZONE

ぷるるん亭

たけみつ堂

kip&TANDEM TWIN

まるちしんく

京抹茶

sky

kuni20xx

甘いみつの部屋

夢祭工房

かな缶

ROOM427

りばいあさん

ミルフスキン

Midoるウェア

i×i(アイアイ)と明日のしっぽ

makeplus

NIGHT-BLUE

グリフォンエンタープライズ

GINGER TEA

アネックス工房

蜻蛉屋

CANDY GAME

 これが最後の一枚だ。

 イベントレポートおしまい。

 最後にマスコットキャラののぼりを。

 この子、スケールフィギュアで出ないかなあ。

 今回の買い物はこれだけ。ディーラーQEeeeeNの霊夢。

 カラーレジンなので、なんとかなるかなあと? 時間が確保できればそのうち組み立てるかも。

 さて――トレフェス神戸会場の近くに、サイエンスニュースに興味のある人にとってけっこうなスポットがある。歩いてゆけるご近所だ。

理化学研究所 スーパーコンピュータ京(けい)
 撮影日のちょうど一ヶ月前、2012年9月28日より本稼働がはじまったばかりの、最先端スパコン。

 事業仕分けの際「世界一になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」で物議を醸したスパコンだ。開発中の2011年6月に世界一を達成し、2012年6月までその座を守った。頂点にあった期間こそ短いが、それが日進月歩で限界がまだ見えないスパコンの宿命。こういう技術はつねに開発をつづけないと、あっというまに第一線から取り残されてしまう。したがってプロジェクトに際し世界一を目指さないのは、技術立国日本にあるまじき論外の姿勢といえる。

 でかい施設だぜ。残念ながら日曜だったんで見学はできない。一般来訪向けの展示は平日しか見られない。観光地じゃないしね。

 こちらが計算機棟。1000台以上の筐体に収めた8万個以上のCPUを並列処理し、1秒間に1京回の計算を行う。10年前の最速スパコンより200倍以上早い。

 こちらは熱源機械棟。冷やす。とにかくとことん冷やす。

 以上、おまけの野外撮影で締め。撮影したのはスパコン京のほうが先だったんだけどね。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp