マチ★アソビVol.7 謎の東方?&展示痛車&マチ☆コレグランプリ&痛ラッピングバス&コスプレイベント&ぐまコレ。フィギュアサンプル

おでかけフォト
撮影:2011/09/09

 タイトルが無駄に長いって? そりゃ検索エンジン対策だからさ!
 本レポの写真はオーナーさまおよび本人さまのみ転載・加工可。

徳島県徳島市 マチ☆アソビVol.7
 写ってるのはいずれも最初から撮影可のもの、もしくは掲載許可を取ったものばかりだぜ。この類のイベントはいろんな権利が絡み、とくに一次著作関係はプレス以外ほぼ無理、写せるのはファン活動の結晶や、商業物では広告類やフィギュアくらいだ。トークイベント・サイン会・上映会などは全滅なんだぜ。

 中の人はそれらも適当に楽しんできたけどな! まさに外道!(古いぞ)

 いきなりロープウェイ乗ってるのは、眉山という小山の頂で、紛らわしいイベントやってるから。その名も――

謎の東方? 東宝projectを語ろう
 いまどきなら普通、まず東方Projectかと思うよ! 東方ニュース関係で一時「なんだって!?」となった、罪作りなトークイベント。
 すでに書いたようにこういうのは軒並み撮影禁止なので、間接的にトーク会場の端のさらに端から。関係者が話しているテントの上がちらっと写ってるだけで、参加者は外から遠巻きにしてる見物人か、店舗関係者しか見えていない。しかもモザイクすら不要な一枚を選んだ。さすがにこれならOKだろう。

 これがなくとも山頂にはゆくつもりだった。

 コスプレのステージイベントだ。最終日となる10日はもっと規模のおおきなものが下町であるようだけど、模型イベントのほうへ行くので、9日のこちらにした。仕事を終わらせてから来たので、到着時はすでに終盤だった。

 報道関係者もガチ装備だ。地元徳島はもとより、ギガジンやアニメイトTVなども来ていた。

 パフォーマンス後、審査に入ったので、その間に隣接するものをバシっと写しておくか。

展示痛車
 こいつは撮影OKなのだ。撮影されるのがイヤな車はエントリーしないでくれよと断っていたようだし。

パンティ&ストッキングwithなんとか
 坪Gで見たパンスト車とおなじものかな。

 台数も十数と少ないし、坪Gより時間的余裕があったので、掲載は2〜3枚だ。

ハルヒちゃん

ローゼンメイデン 水銀燈

アイマス
 ごめんこれプチ痛だったので1枚だけ。

アイドルマスター 春香車

 くるくる回ってた。

アイマス 伊織様の下僕
 アイマス率高いな。この車、巡り合わせが良いのか、見るの3度目だぜ。

これはゾンビですか?

けいおん! 澪

 これ写すため痛車を周回移動しながら構図を探してたとき「プロだぜあいつ」と言われたが、本当に上手い人は近づきながらみんな決めてしまい、あっというまにベスト位置でワンカットさくっと写してしまう。

イカ娘
 撮影しなイカ? とナンバー隠しで言われたら、写さないといけないでゲソ。

 サイド後部に声優かアニメ関係者と思われるサイン付き。

よく知らんがマジカルシスターズ

 かっけーのう。

Angel Beats!

 この扉、高そうな車だぜ!

Fateシリーズ セイバー車

 背面で浮気してるぜ。

 インパクト!

東方Project 姫海棠はたて
 おばさんマスクははたてちん違うよもちろん。

なのは フェイト・テスタロッサ

 すげえ力の入り具合だぜ。正面も写したけど残念ながら撮影失敗してた。

俺妹 高坂桐乃

 あくまで素人目だけど、手の混み具合と工程の複雑さでは、坪Gで見たインフィニット・ストラトス車に匹敵するんじゃないかな。

 ここまで徹底的だと、商用車じゃないかと思ってしまうほどだ。でも排気口やタイヤが否定している。

マチ☆コレグランプリ
 お、優勝が決まったようだね。ボカロだね。おめでとう!

 昼はマーボーカレーだぜ。

 買ったのは知る人ぞ知る ufotable Cafe の眉山出張ブースだ。

 徳島産のアニメなポスター。

 地元(徳島)にアニメ制作会社があると強いね。

コスプレイベント(眉山編)
 眉山から徳島市街へ戻るロープウェイへ向かいながら、出会ったコスプレを次々と撮影した。

執事さん
 最初がいきなりよつばと!のダンボーだけど、わざわざ選んだわけじゃなく、写そうと思ってカメラをセットした矢先、視界へ入ったのだ。

昆虫博士さん

 映画館の公共CMでおなじみの、盗撮さん。カメコを盗撮の図。この一枚に見られるようにパフォーマンス力が高く、ぜひ動画で見せたいところだが、三脚を持ってなかったので残念だ。彼はあとで再登場するよ。

 さて、ロープウェイに到着だ。写真は適当なポスター。こんなのがあちこちに貼られている。

 降りるぜ!

 一度やってみたかったD7000の連写機能を利用した動体撮影。もっともバランスが良いと思われる写真を抜き出せる。ロープウェイのカーゴが迫ってすれ違うまでわずか4〜5秒しかなく、この構図のシャッターチャンスは2秒にも満たない。

 下につくとフェイトゼロな電光表示のバスがいた。

痛ラッピングバス

 左面は本気モード、右面はお祭り仕様。マチ☆アソビ7期間中の限定仕様だ。今回のマチアソビは徳島空港も随所がオタク風味へとデコレーションされていたらしい。

 新町川ボードウォークのアニメ・ゲームグッズ出店・展示はマチアソビ最終週末の恒例となっている。食事関係の出店もあり、小腹空きで困ることもない。

 掲載しているのはいずれも許可をいただいたものに限っている。

 まどか☆マギカの等身大ポップ全員整列。

 ボードウォーク周辺は親水公園的に整備されており、景観が良い。

コスプレイベント(新町川水際公園編)
 レイヤーさんの多くはボードウォークではなく、水際公園にいた。理由は背景や日照の各条件に比較的恵まれているから。

なんとなくスネ夫さん・なんとなくドラさん・なんとなくのび太さん・なんとなくシズカさん
 似せる気さいしょからなし! 4人が揃ったときの破壊力はすさまじいものがあるね。ジャイアンもいるらしいが、この日は来てなかった。

夜行さん

 彼はこの後も何回か見たが、女性レイヤーからたびたび「イケメンさん」とだけ言われていた銀魂。

ビス子さん

 東方の四季映姫・ヤマザナドゥ。東方四国祭でも会ったぜ。

真子(まこ)さん

 私の寸前に写していた人が手慣れておりリクエスト上手だった。この見返り図は便乗させてもらったもの。まどかマギカ系は今回、真子さんしか写せなかった。

となおさん

 ボカロのKAITO、曲名はサンドリオン。

SHさん

 あくまで執事ですから。隣の盗撮さんは再登場。

 マチ☆アソビの展示などで撮影可なものを探して適当にうろついていると、ポッポ街商店街にこんなのがあった。

ぐまコレ。フィギュアサンプル

 グッドスマイルカンパニー関連の、2011年秋冬〜2012年春に発売予定の作品がショーケースに並んでいた。

 まどか☆マギカ関連はチェックしておくべき鉄板として。

 けっこう数が多いなまどか☆マギカ物。スケール・ねんどろいど・figma。

 やっと別作品。化物語の撫子。

 figmaを侵略してやるでゲソ!

 アニメスタイル付録のねんぷち。

 ほかにもあったけど、とりあえずこんなところかな。以上でマチ☆アソビ7レポ終了!

Copyright 2005~ Asahiwa.jp