メガハウス ブリリアントステージ ヨスガノソラ 1/8春日野穹

2010年発売フィギュア や行タイトルフィギュア
2010/01 原型:乙山法純 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 演色評価数98(100で自然光)のフルスペクトルランプを買ったので、太陽光にふさわしい水着フィギュアで初撮影を試みる。初回撮影時間はおよそ15分。ほとんど失敗して再撮影に40分。さらに一部を再々撮影で20分。甘かった、いつもの感覚で撮れないぜ。

 ヨスガノソラより、春日野穹。

 ぶっちゃければ、エロゲのヒロイン。濁ったまなこでは下着に見えかねない水着だ。

 薄い肌に、色素の薄い髪。さらに白水着……まさに病弱キャラの記号総集編。

 全身が薄く濃淡の幅が狭いので、これまでの昼白色灯ではとても掲載写真のような感じには撮れない。

 ツインテールとタオルの間より覗く華奢な背中。ぞくぞくっ。

 結わえた髪の垂れ方など、演出がうまい。

 足の寄せ方などもいい感じだ。

 安心して観れる水着フィギュアだ。

 タオルを外した状態で。

 塗りなど細部に粗いところがあるが、全体の雰囲気が補っている。

 正面はタオルを外して。瞳の真ん中に小さな黒点がある。これまでのライトだとこういうのはすこし角度を付けないと見えなかった。正面からでも確認できるのは、同系色中のわずかな濃淡も演色してくれる照明のおかげだ。

 ほほの紅や唇のうすピンクも出ている。こういうのは従来は薄暗く撮らないと見えず、明るくするとすぐ消えちゃっていた。

 脳天。アホ毛はABSだ。タオル脱着時は干渉による折れに注意。

 ツインテール。表現力あるね。

タオル

 白系ではこれまではたまにしか成功しなかった、質感表現の撮影があっさり楽ちん。フルスペクトルってのは、思った以上に表現力が高い。人間の視力が当然ながら太陽光の可視領域を見ることにもっとも適応してるからだろうか。

鎖骨

 完璧なる貧乳。

貧乳!

貧乳!

 爪は塗ってる。細かいけど大事。

 ミサンガ?

背中

 肩胛骨やヒップのくびれなどもポイントが高い。

 へそまわり。

 やはりPVCの発色がいい具合に白いね。キャラとマッチしている。各所に入れているシャドウも効果を発揮できる。

ヒップ部分



膝裏

 足の爪も塗ってあった。

 台座はうすピンク。

 穹お気に入りのぬいぐるみ。

 この一枚、予備知識がなければ下着だとやはり勘違いしそうなアブなさ。

 ヒップの1ミリ空間!

 最後はいつもの接写で締め。


ヨスガノソラ レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp