アルター ヨスガノソラ 1/8春日野穹

2011年発売フィギュア や行タイトルフィギュア
2011/11 原型:乙山法純 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 やっと出てくれたノーマル服のソラ。

 フィギュアサイズに比して箱が大きいのには理由がある。

 普通のソラ。

 結わえ直し、パーツ替えのソラ。

 このレビューの一周は互い違いに載せてゆく。

 仕上がりは安心のアルターだ。

 後ろは風を感じさせる造型だ。

 髪を広げても変わらない。

 やはりヒロインフィギュアはノーマル服で出てこそだね。

 ソラのスケールフィギュアは今回を除いてこれまで4種類出たが、水着・下着・体操服・裸ワイと、特殊な場面ばかりチョイスされてきた。

 もしアニメ化がなければ、この企画はなかっただろう。だからこそよくぞ普通で出してくれたとアルターに感謝だ。

 別にフィギュアは水着など特殊なワンシーンでも良いと思う向きもあるだろう。好みは人それぞれだ。

 少なくとも私はそのキャラのフィギュアを1体だけ飾るならば、できるだけ象徴的な衣装で欲しい。

 出来具合はいちいち文章で語るまでもなく、写真がしっかり示してくれているだろう。このソラはエロ成分を除けば間違いなく決定版クラスだ。

 いくらゲームやアニメのソラがエロエロだとしても、このフィギュアのような清楚さを感じさせる姿でも欲しいと思う。エロ担当はすでにフリーイング版などが出ているので。

 アップ。どこにも曇りなし。

 こちらも交互に見てゆこう。なお顔パーツの交換レベルは後ろ髪だけでなく、顔面や前髪ごとまるごと取り替える仕様だ。ABSを多用しているので、おそらく破損事故を防ぐための措置だろう。

 造型だけでなく塗りもしっかりしていて、原作ゲームCGやアニメの淡い色遣いを表現できている。

 髪の毛はどちらも可愛くて、選びにくいと思う。悩みどころだろう。

 好きならば2体買って、2種類の髪でいっしょに並べるのも乙だ。単価が高いけど。

 髪などの細部。

 商品管理がしっかりしていて、妙な気になる部分は撮影中も撮影後の編集でもなかった。

 このチラっと見えてる胸元が良いのだ。

 部品精度は髪を見ればわかりやすいが、もうひとつが手首から先だ。

 細かい指の動きと、肉の張り、爪の塗りの形など、どれも拡大に耐える。ディスプレイ上ではだいたい実物の2〜4倍には見えてると思う。

 どこを見ても造型の細やかさと作り手のこだわりが見える。それをしっかり再現してくれるアルターの職人芸もだ。

 影になる部分はグラデーションで陰影の演出がしてある。

 褒めてばかりで気持ち悪いかもしれない。でも本当にメーカーが選んだ服装やポーズ、交換ギミック、完成度に至るまで、褒めちぎるしか私には選択肢がない。

 しいて挙げればエロさがおとなしいことと、1万近い単価ぐらいか。でも欠点とはいえないね。

 台座だぜ。

 エロは控えめだ。スケベなソラが欲しければ4月ごろにフリーイングより誘いポーズでなまめかしい尻を持つソラが出ている。

 こちらのソラは健康的なおしりだねえと、にやにやしながら眺めるのが良いだろう。

 すじや食い込みを除けば押さえるべきところはちゃんと造型してくれている無難な下着なので、とくに解説は控える。あとはクローズアップだ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp