東方Project KADOUSHOUJO EX まめシリーズ まめてゐ

2011年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2011/08:リキッドストーン 原型:風翔 素材:ウレタンレジン(カラーレジン) 分類:ガレージキット/アクションフィギュア

 てゐ!てゐ!てゐ!てゐ!てゐ!

 イベント限定だったリキッドストーンのまめ東方が、いきなり通販になった。まめシリーズはまどか☆マギカなど東方以外の作品への展開が始まっており、今後東方系が鈍るか終了する可能性がある。それは同時にPVC化まめしき東方の鈍化も意味しており、ここは買わねばいつPVCになるか分からず、みすみす機会を逸すると判断、買って届いてすぐ、たまたま別件で取っていた有給を機会に一日で作った。

 ガレージキットの最初はまず中性洗剤に漬けて離型剤を落とす。

 次に整形して組み立てる。因幡てゐが形になってゆく。

 あれ、もう出来た。カラーレジンにデカールだから、ほとんど塗装作業がいらない。可動関節はWAVEのプラサボシリーズを使い、最初から必要分がキットに同梱されている。

 おおきさはうちの野外撮影でお馴染みとなっている、PVCのまめしきとおなじだ。当たり前だけど。

 頭にうさぎを乗せて一周させてみる。

 今回の組立ては急ピッチで行ったので、細部で粗い加工が散見されるがご容赦を。工作が必要なフィギュアは有給を使わないとレビューできない状態のうえ、どんどん次のフィギュアが届いてくる。

 ペーパー掛けすらせず適当に作った割にきれいに見えるのは、カラーレジンで塗り分けほぼ不要のおかげだ。大助かりだよね。

 細部のギミックなどは一部を除き、まめしきとまったくおなじだ。

 今後、てゐも野外撮影のメンバーに加わるだろう。

 かわいいのう。

 アップになるとマツゲの荒さが目立つが、デカール貼りに幾度も失敗し、予備も全滅したため。

 アイラインは筆で塗るのがセオリーだが、持ってないのでペン書きするしかなかった。

 まめしきは正面よりも斜めのほうがかわいく見える気がする。

 口閉じ。お粗末手描きアイラインの形は意識してなかったが、まるで初期CLAMPっぽい。

 デカールで自由にデザインできる3種類目の顔は守銭奴にしてみた。

 竹林の兎だぜ。

 まめにとりで実装された食事ギミック。にんじん。

 口はいちおうバールのようなもので戻せるという仕様だが、今回組み立てたてゐはパーツが緩くてブラブラしており、いらない。

 永遠亭では毎月一度の月見の日に餅をつく。それはなぜか兎たちの仕事になっている。

 お賽銭くれよ。

 胸元。小さな部分だがパーツ数はかなり多い。

 背中とうさぎのしっぽ。

スカート

 素足だぜ。

ポーズ集

 片足立ちはまめしき以上の高い保持力がある。

うさぎ跳び!

うさぎ募金

 氷の妖精にたかるてゐ。

 おいおい、顔に出てる出てる。Hチルノは気付かないみたいだけど。

 パンツはいつものドロワーズ。


東方Project レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp