もっとTo LOVEる-とらぶる- 1/8モモ・ベリア・デビルーク

2012年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2012/06:アルターALTER 原型:たなか☆せんう 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 To LOVEる-とらぶる-のフィギュアをレビューするのは3年ぶりとなる。

 久しぶりだぜTo LOVEる-とらぶる-。

 モモはデビルーク星の第三王女だ。姉にララとナナ、ナナとは双子。

 どうしてアルターよりモモだけフィギュアになったのかは知らないけど、できればナナのフィギュアも欲しいかな。現状ではサイズの大きいやつかプライズしかないんで。

 なんにせよ出来は素晴らしい。

 後ろ姿が放つ、女の子らしさも満開だ。

 ピンク髪の悪魔っ娘は可愛いぜ。

 モモのほうだけがフィギュアになったのって、やはり連載中のダークネスで活躍度が高いからかな? いちおう版権管理のつごうでアニメ2期のタイトルになってるけど。

 塗装による質感の高さはすごいぜ。

 原型たなか☆せんう氏の造型は表情にその特徴が出る。ほとんどの作品で首を若干傾かせ、視線を正面ではなく、左か右に反らせる。それもけっこうさりげなく。

 今回もこうだ。いやあ、良い意味での媚びだね。抑制された偏りの美学は、萌え記号。おまけに口元が「ω」だ。

 もちろん基本的な情報量も豊かで、それがさらに表情を引き立てる。

 ダルさの欠片もない髪の毛。髪を見ればそのフィギュアのパーツ精度がわかる。

 見慣れた風景とはいえ、アルターはやはり別格だな。アルターは量産に際しグッスマやマックス、メガ屋とおなじ申華ジャパンの工場を使ってるが、完成度で頭半分抜けているように感じる。おそらく出来の悪いパーツや個体を振るい落とす基準が厳しいのだろう。

 さて、服を見て行こう。

 モモのバストはすこし大きいらしいが、それでも設定値はさほどではない。普通の乳だな。それで妹キャラだから、発表されて即、よつばとフィギュア的に買いで決まりだった。

 手にもつは宇宙の携帯だ。

 シンプルなりに、ディテール細かいな。塗りも完璧。

 背中は開いていて、きれいな肌をおしげもなく晒している。

 注目したい、スカートの質感と表現。

 なんというか、素晴らしいとしか書きようがない。褒めてばかりだが、実際のところ、満足度がず〜〜っとピークで振り切れてたまんまだしなあ。

 ハート型のしっぽ。ここはABSなので取り扱いには注意だね。不用意にここを触って動かそうとしようものなら、ボッキリとかいきかねん。

脚線美

 台座には名前が書かれていた。

 デビルークの衣装だし、下は設定通りだ。

 だがそれでも股間への情熱は追求されているね。フィギュアだし。

 このおしりに満足できるなら、パンツァーでも買いだろう。そもそもTo LOVEる-とらぶる-は少年漫画原作物の例に漏れずコンテンツ人気の割にフィギュア点数が少ないので、アルタークラスのメーカーから出たならば、ファンはまず考える前に行動、ひたすら確保だぜ。


To LOVEる-とらぶる- レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp