SIF EXスマガ 沖姫々 悪魔化Ver.

2010年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2010/05:やまと 原型:French Doll(Cerberus Project TM) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 やまとのSIF EXはじつに5年ぶりの購入だ。

 SIF EXはストーリー・イメージ・フィギュア・エクストラの略。フィギュアブランドとしてはすでに5年以上の歴史を持っている。それだけの期間があればもちろん何十体もリリースされているのだが、よつばとフィギュアでの購入はごくごく少数に留まっている。その理由は……

 基本的におっぱいブランドだから。うん、単純な話だったね。

 それにしても今回の沖姫々は、まるでアルター製品かと思わせるほど、複雑な造型を立体化してきてる。

 パーツ取り付けからして時間がかかり、箱から開けてビニールをすべて取って、撮影セッティングが終えるまで10分近くかかってる。それだけ部品が細かい。

 後ろからの情報量が、すごいぜ。飾り映えのする一体だ。

 原作はエロゲ。例によってどんな話かまったく知らん。

 純粋にこの造型で購入した口だ。部品が多くて、左右に翼とか出ていて、なんか武器持ってて、風の演出があって、服がすこし破けていて、しっぽも生えていて、キャストオフまで出来るとなれば、買うしかないだろうと。

 この角度もいいね。顔が見えてる範囲は、どの方向も様になってる。

 沖姫々と書いて、「おき・きき」と読むらしい。調べてみると、無敵のカリスマ生徒会長だとか。

 どうでもいいけど主人公の名前が「うんこマン」ってのが、すげえ。で、下は翼とか学ランを取ったところ。

 斜め上から。ミラー台座が映えてる。

 もっともスカートの閉まりは意外と狭くて、その中身を覗くならかなり真上からでないとお楽しみになれず、鏡面台座の恩恵はあまりない。

 顔のアップはごく普通っぽい。

 ほどよく美人系かな。全体の情報量がすごいから、顔が地味に見えてくる。

 というよりは、ニトロプラスの元絵が可愛すぎるんだな。才能が均されるアニメのフィギュア化と違い、美麗イラストCGのフィギュア化は特徴という名の癖があるゆえに難しい。たとえばいとうのいぢなどが最たるものだ。

黒いロングヘア

悪魔の翼

 肩章は伊都夏大学園のものだろう。

 すらりと伸びる華奢な腕。

 上着を脱いで、セーラー服上部。

 背中側より。

 胸元に寄ると、AAAサイズの胸が。

 見事につるっつる。

 独特の長いタイは自衛軍のものかな?

長刀

 おへそは――見えないね。

 おへそ、こんなの。

スカート

 戦闘でダメージを受けている。肌に傷一つ無いのはヒロインゆえのお約束。

 脚部と台座。肌の表現力は骨の存在を感じさせるレベルで、十分に高い。

 ……で、いきなり「はいてない」わけだが。

 どうしてパンツがないのかよく分からんけど、それはそれでいいね!

キャストオフ

 どうしようもなく18禁ワールド!

 髪の合間よりチラ見える肌色が眩しいぜ。

 とくにさらなるけしからん造型はなさそうだ。

 でもこのY字は若い男なら誰もが夢見るファンタジーだね。

 このしっぽは外せるようだが、なんか折れそうになったのでやめた。個体差があるみたい。

 しっぽ外さなくとも、えらいシーンはしっかり見える。

 最後は大股の間を直撃視姦。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp