神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS 1/7コーティカルテ・アパ・ラグランジェス

2010年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2010/02:オーキッドシード 原型:さがみやまと(さがみFC) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

貧乳精霊コーティー

 作風に合わせ、箱はクラシカルなデザインだ。

 元は小説の表紙絵だ。きわどいスカートだぜ。

 オーキッドシードは伸び盛りメーカーというイメージがあったが、この作品で返上しそうだ。良い意味で。

 今回はズバリ大当たりだった。よいものをありがとう。

 後ろ。赤い髪がゆらゆらと。

 ロリーなコーティーのフィギュアはスケールサイズで4〜5体が出てるけど、買うのは今回でやっと2体目だ。1体目がいきなりグッスマで完成度が高かったこともあり、その後はいくらエロくても顔が個人的にいまいちなら迷わずスルーするなど、妥協せず2年待った甲斐があった。

 グッスマのコーティーが制服だから、私服な本作と合わせてバランスがいい。ポリフォニカフリークは迷わず入手すべし。

 ややローアングル気味で寄れば、元イラストに近いスカートの浮き上がりが見えてくる。あ、黒いショーツがパンチラしてるな。

 開きかけの口と意志の強い瞳。

 実物の髪の赤みはもうすこし落ち着いている。日光下では赤が普通に撮れてるので、カメラのせいではない。うちの照明による撮影では、赤系の発色が鮮やかに良く出過ぎる傾向にある。

 前髪がぶわんと元気に暴走してる。

 この髪をまとめてるリボンの負担はかなりのものだね。

 肩口の跳ねた髪。

暴れ髪

 ビスチェ風の固定具により、強調されたはずの胸だが――

 ないものはないのである!

 左手と右手。

 この結び目がスカートを支えてる。変則的なドレスだ。

背中

スカート

 グラデーションが綺麗だった。

 背中の大リボンも頭と合わせ、シックに黒い。

脚部

 革製のガーターとは古風な。

ブーツ

 台座はコーティカルテの正体を暗示する6枚の紅き翼。

 コーティーの固定は3点。真上と斜めという2つのベクトルによって押さえてるため、填め方が分からないと固定まで時間がかかる。

 下着は黒いエロス。

 そしてランジェリーな。

 下着の塗りは少々荒かった。

 ヒップ側のしわなど。

 あとは接写で。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp