あべにゅうぷろじぇくと ももえ☆ぱるちゅフィギュア

2011年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
2011/02:ave;new/グリフォンエンタープライズ 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 POP氏完全監修!

 という触れ込み。

 でも元の絵はかわいいけど――

 どうしたグリフォン!

 グリフォンの悪い面が出てしまった一体。原因は、顔だ。

 ほかは普通なんだけどね。後ろから見ても情報量多いし、おもしろいポーズしてるし。

 POP氏のけっこう無理な2次元のウソを、立体化しているんだよね。

 でもそれを台無しにするのが――

 顔だ。目の周辺。

 気付く人も多いだろう。目がくぼみすぎている。いや窪んでること自体は別によくあることなのだが、その深さがややきつめで、クレーター境界のエッジも強すぎるのだ。これは2000年代前半のプライズでたびたび見られた、泥人形のサインだ。

 その残念造型が、よりによってピンポイントで瞳に出現した。写真ではライティングが強めなので気にならない人もいるだろう。だが実物はより光量のすくない、陰影のきつい状態で見ることが多い。そんな状況では、とても可愛いとは思えなくなるだろう。

 本当に、目のくぼみ以外はいつものグリフォンで、普通なのだ。たとえ細部の塗りが粗くとも、顔さえクリアしていれば、大方はまあいいかと許されるというのに。顔面は萌えフィギュアの命、ぱんつ以上の最重要パーツだ。

 というわけで、その普通のグリフォンなところを見てゆくぜ。まずは髪の毛周辺。

 服だぜ。塗りはまあこんなもんかレベル。

 配色が意外と細かくて、工程が多い。しかも手塗りだ。地味に大変なんだよね。だから惜しいな、目が。

 後ろを見れば、パンチラ。

 バズーカだよ。

 ハートを撃つようだね。細かい設定は知らない。ネタ元はCDといっしょのようだが、フィギュア単体のやつしか買ってないから。

 足だぜ。

台座

 ぱんつはこのフィギュアの良いところだ。

 しわと塗りと露出度、みんな大合格。

 あそこのすーじーさんがあって。

 大開帳で。

 ロリロリだ。

 POPデザインフィギュアが好きで集めるなら、ぱんつを買うのだと割り切ればいいね。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp