俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1/8高坂桐乃 -memories(秋葉原)-

2012年発売フィギュア あ行タイトルフィギュア
2012/01:コトブキヤ寿屋 原型:ひろし(桜前線) 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 ひろしじゃないか!

 原型ひろし氏でコトブキヤ。

 元イラストなんだぜ。きわどいアングルだな。

 メモリーズで黒猫と原型師が違うのはなぜかな。雰囲気がさすがにちょっと違う。

 まあいいや対比しようにもフィギュア倉庫の中で黒猫は分からんな。原型師をどうするかはメーカーの戦略なので仕方ないとして、買う側はやはりおなじ人を望むんだぜ。白いパンチラがまぶしい物なり。

 こういうフィギュアでよく使われる言葉が「躍動」。後ろ方向はまさに動き感たっぷりだ。

 ひろし氏の作風でけっこう多いのが、片足支え。両足立ちでも、ダボ穴が片足の作品もけっこう多い。

 片足の斜め立ち。重心はおおきく前方に傾斜しているけど、ABSだから末永く飾れるぜ。

 台座にゃ元イラストのカードを挟める仕様。うれしいねえ。

 アップだぜ。

 担当者の好みか、最近のコトブキヤに多いアイプリントバランス。メーカーの風味があって、見分けやすくて良いと思う。

 もちろんアルターのように徹底的に似せる没個性もアリだ。

 きりりんのメガネ。

 ふわっと引かれる後ろ髪。振り返りの動作が分かる。

 バストは桐乃としては抑えられている。ほぼ元絵通り?

 桐乃の胸は解釈に幅がある。個人的にはこの桐乃のように、胸の小振りなフィギュアであるほうがうれしいね。

 ワキだぜ。

 ペンダントとおなじく、十字架を施したレザーバッグ。

 腕と手。イラストの通り、きちんと造形されている伸びた爪に注目。こういう細かい部位をきちんと作り込んでいると、個人的評価は高くなる。

 背中だぜ。シンプルなもんだ。ついでにパンチラ。

 下腹部萌え。あまりないけど、ヒダの境界でのさりげないグラデがいい。

 スカートはつや消し。

 うしろは申し分のないパンチラだ。こんな無防備なスカートでアンダーも穿かずに走り回る女子中学生は、現実には10万人に1人もいないだろう。アニメ万々歳。

 おしゃれだな。

 パンチラは白い。

キャストオフ

 ゴム表現が細かいぱんつ。

 エロ度は低いが、布量のすくない大胆なぱんつだな。

 以上、白パン私服桐乃だったぜ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp