魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st 1/8高町なのは&フェイト・テスタロッサ -ドレス-

2011年発売フィギュア ま行タイトルフィギュア
2011/11:コトブキヤ寿屋 原型:村上はるひ 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 雑誌表紙を飾ったなのはとフェイトがペアフィギュアになって登場。

 セットなので箱はそこそこのサイズがある。

 元がこのイラスト。

 再現度は頑張ったほうかな。個体差かもしれないが、なのはの首の傾きが違うし。サンプルじゃちゃんとイラスト通りなのに。

 原型師は桂ヒナギク〜オン・ザ・ステージ〜を担当した村上はるひ氏だ。

 このフィギュアの価値はフェイトとなのはが一緒になってることに尽きるね。ドレスのデザインもおなじだし。

 だからいちおう単体でも飾れるようほかの台座も付いてたけど、撮影ではペア用のフロッキー仕上げ台座のほうしか使っていない。

 台座的にもこちらのほうがまるでパーティー会場にいるみたいで高級感が出るし。雰囲気は大事だぜ。

 中腰のおんなのこは可愛いのだ。

 前髪の向き的に、斜め前で見るなら反対側かな。

 お、やはり斜め前はこちらだな。

 なのはアップ。

 顔のレベルは普通くらい。なのはのフィギュアには良いものが多いので。

 斜め前のほうがきれいに見える気がする。

 髪の毛とか。

 ヒモが本物だった。

 ロリでも露出が多いのはいいことだ。

 腕から背中へ視線をシフト。

 スカートなどはパール仕上げだ。

 下着は前からはあまり見えない。

 後ろはポーズがポーズなのでよい眺めだ。

 ディテールは残念ながらクロッチもゴムもオミットされている。

 素っ気ないかな。

 フェイトのアップ。

 個人的には口元に注文がある。元イラスト通りの非対称にすれば良かったのになと。

 それを除けばあとは可愛いフェイトだ。

 リボンなど。

 首飾りは部品の干渉により宙に浮いたままだ。直そうとしたけど接着剤か塗料かが癒着していて無理だった。

 肌の露出はなのはとほぼおなじ。配色が異なるだけで服のデザインは一緒だ。

ブーケ

手袋

 スカートから足へ。

 椅子にはくぼみがあって飾るとき安定する仕様だ。

 ぱんつはなのはとおなじく純白だが――

 この角度では素っ気ないぱんつに見えるかもしれない。

 でもゴムのラインやクロッチがちゃんと再現されていた。なのはのほうはなかったのに。

 以上、下着はフェイトちゃんの勝ち!

Copyright 2005~ Asahiwa.jp