ラブプラス+ figma小早川凛子

2011年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2011/10:マックスファクトリー 原型:浅井真紀 素材:PVC/ABS/POM/PP 分類:アクションフィギュア

 ゲーム知らないけど買ったシリーズ。スレンダーなボディに、ツンデレ設定。これはゲームやってなくても買わねばならぬ! デフォルトの表情は無表情な感じがいいね。

 私がラブプラスのフィギュアで用があるのは凛子だけなのだ。

 理由はいうまでもあるまい。バストの辺りのボリュームとか、高校1年生という設定とか、声優が丹下桜という辺りとかまさに、ロリコンの・ロリコンによる・ロリコンのためのキャラクター。

 どういうキャラか知らないので、いろいろあったオプション同時装備させすぎてるだろうが、勘弁を。これもレビューサイトゆえの過ちよ。

 フィギュアたくさん買ってると、知らないけど購入ということもよくある。とくにアニメより金のかかるゲーム系はどうしても。

 短髪と用意された表情。Gショックのような腕時計に、携帯オーディオプレイヤー。スニーカーに決まりポーズが回し蹴り(パンツは鉄壁防御らしい)ということから、かなり活発そうな印象を受ける。

 が、設定読めば図書委員で趣味が読書と音楽鑑賞という意外性。

 猫耳と猫ポーズと猫鯖缶はなにかエピソードが……?

 替え表情。なんかキスシーンに見えてしまうんだが、まさにそれ?

 表情その3。ついでに髪型も変更だぜ。

 みじかい髪を結んでも、テールは短い。

 胸元など。独特のセーラー服だね。

 おなじく背中側なり。

 小物一覧。figmaとしては多いほうかな。

 いちばん大きなものはこのカバン。前後ろ逆に装備させちゃったな、本文書いてて気づいた。

 みじかいにも関わらずプレイヤーに対して絶対的な防御を誇るスカート。そういうのに対しての解禁を楽しむのも、フィギュアの醍醐味だな。



 ポーズ集みたいなもの。

 よくわかんない。適当。あ、回し蹴り再現すりゃよかったかも。

 パンツは普通に白いいつものfigma仕様だ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp