ラストエグザイル 銀翼のファム 1/8アルヴィス・E・ハミルトン

2012年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2012/09:回天堂 原型:福元徳宝 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 これはよいアルヴィス。紐パンだし。

 ラストエグザイルのおかげで、村田蓮爾デザインのロリロリなフィギュアが発売だ。

 完成度はまあだ。回天堂のクオリティレベルは、個人的な評価ではグリフォンと同等ってところかな。

 それでも原型にベテラン福元徳宝氏を採用したこともあり、離れて見るにはそこそこの仕上げに達している。

 だからラストエグザイルシリーズまたは村田蓮爾氏のファンであるなら、買っておいて損はしないだろう。

 ちなみに例によってアニメは未見で、済まない。録画はできてるので、必ず見る!

 初代ラストエグザイルでは真性幼女だったアルヴィス、銀翼のファムでもまだまだ幼い少女だが、すくなくとも幼女ではないな。

 いい感じにロリっ娘になってくれて、どんな活躍をするのかアニメ見るのが楽しみだぜ。

 もちろん服のデザインもね。白黒で長袖、でもミニスカ。萌えろって言わんばかりだ。

 無表情でいたずらみたいに舌をべろんと出してる、そこそこはかわいい顔だ。ネット上では妙に評判低めだが、実物の写真写りはそれほど悪くないと思う。

 顔造型的には決定版となるアルター版アルヴィスもすぐ出るが、服装的には回天堂のこれも外せないだろう。

 なんにせよアルヴィス萌えなら回天堂もアルターも、両方ともいっちゃえって結論。

 細部を見て行こう。照明の影響で、髪のグラデ塗装は残念ながら写真ではあまり分からないね。暗いところ、ないし拡散光源でなければ、うっすらと上品な金髪に見えるはず。

 塗り精度はけっこう高かった。この辺は比較対象としたグリフォン以上。どういう精度かというと、気泡や色移りの発生がないレベル。すくなくともレビューした個体では、おそらくほぼ皆無だった。

 首輪は豪華そうな金色。ペンダント? の浮き彫りも高級っぽいね。上流階級な人なんだね。

 腕と袖。

 背中など。

 これが萌えポイントの、スカートと生足。

 パンチラしちゃうぞ。

 ロリの生足は神聖なるもの。

 膝小僧に薄くグラデが。

 台座はミラーだ。意味の有無は知らない。

 パンツはなんとも大胆な半紐パン。金環デザインだけど、これ公式設定かな?

 後ろ側は淡泊なおしりだ。

 サイドはまさに紐しか見えない。ロリに紐パンツとは、なんとけしからん、すばらしい選択だ!

 ぱんつこそ紐だが、布の部分でエロ的なディテールはまったくないといって良い。この辺をどう受け取るかは、人によるだろう。

 なんにせよ一定のクオリティを持つアルヴィス・E・ハミルトンのぱんつフィギュアはおそらくこれが最初で最後となる可能性が高いので、商品が手に入らなくなる前に、入手すべきか否かの判断を誤らぬことを、この場で忠告しておきたい。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp