真・恋姫†無双 1/8諸葛亮-朱里-

2010年発売フィギュア か行タイトルフィギュア
2010/02:コトブキヤ寿屋 原型:エムアイシー 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

はわわ軍師

 リップメイツ版よりおよそ1年、コトブキヤ版の朱里が登場。

 レビュー時点でほかのメーカーに動きが見られないから、朱里はおそらくこのコトブキヤ製品が決定版となるだろう。

 ロリコンは買っとけはわわ。値段もそこそこだし。

 ロリっ娘だから頭身は低く、5.5くらいかな。

 羽毛の采配を精一杯振っているポーズは、まんまと罠に飛び込んできた山賊さんをやっつける号令の瞬間といったところかな。

「堤を切るのは今です!」

斜め上

 はつらつと頑張るちびっ娘軍師。

 原型担当のエムアイシー社は一騎当千系な巨乳フィギュアやキャストオフな妖艶系とか獣娘とか、そういうのばっかりだったので、いきなりロリ直球で驚いた。

 ベストアングルはたぶんこの辺り。

 この帽子、磁石でくっついている。

 帽子を取ったところ。

金髪おかっぱ

 帽子のでかいリボン。

 根本の装飾は筆塗りっぽい。

 貧乳――どころか、ほとんど壁。

 胸元の鈴はロリの印。ロリの服飾デザインでは小物アイテムを逆に巨大化させてメリハリを付ける傾向にあるが、朱里はほとんどが控えめだ。

肩口

 胸とか細いぜ。

 袖はゆったりと。

 三国志の諸葛亮だと分かる唯一のアイテムがこれ。

 実際にこれ作ったら材料代だけで幾らかかるかな。

 スカートの質感が良い。

 こういった部分でフィギュアの印象が左右されることもある。重要だぜ。

リボン



 絶対領域チェック。墨入れとか細かい。

 靴の鈴は別に鳴らない。

 よく見たらこの台座、コトブキヤのガレージキット用・木製円形台座にうりふたつだった。

 足のネジが思ったよりきつく、破損のおそれが出てきたので台座を外してのパンツ撮影は今回は断念となった。

 とりあえず台座の上より望める光景。思いっきりランジェリー。

 ランジェリーなショーツの設定はどうやらゲームでも同じっぽく、これで正解のようだ。

キャストオフ

 非キャストオフ時のスタイル優先のようで、服のぶんウエストが不自然。2〜3年くらい前にこの不自然を解消しようと薄いラバー状パーツが2社ほどで採用されたことがあったが、時間が経過すると急速に劣化してアレなので、保存性優先で元に戻った。

ロリ体型+シルク

 おしりの隙間に注目!

 あとは接写で。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp