HEROMANヒーローマン 1/8リナ

2011年発売フィギュア は行タイトルフィギュア
2011/06:アルファオメガ 原型:乙山法純/たなか☆せんう 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 会心の出来だ! これを超えるリナはもはやどのメーカーにも作れまいと思うほどに!

 アルター×メガハウスの合同ブランド、アルファオメガより、またもや万人にお勧めできるフィギュアが登場した。2社が携わってるゆえか、αΩは本当に外れがない。

 アニメHEROMAN(ヒーローマン)のヒロイン、リナ・デイヴィス。10年前ならリナ・デービスかリナ・デイビスだね。

 箱から取り出したとき、まるでアニメよりリナが抜け出たような、そんな既視を感じた。

 チアコスのフィギュアとして見ても、なかなかの仕上がりだ。

 アニメを知らなければ、リナの服装がチアガールなのが不思議に思う向きもあるだろう。なにしろ商品のタイトルにはチアコスVer.やチアガールVer.といった捕捉がなく、ただ「リナ」としかないからだ。

 でもこれで良いのだ。リナは劇中においてどういうわけか四六時中この恰好で、寝るときですらチアガール部の衣装に身を包んでいる。ほかの服に着替えたのは、海のエピソードで水着になったときくらいだ。

 ポーズはおとなしめで、目立つ作品ではない。それだけにエロや派手さを抜きにして見る比率も高まり、いかにもリナ・デイヴィスらしい良作フィギュアとして評価できる。

 顔の完成度は指摘する必要もない。写真がすべてを語ってくれる。

 顔の輪郭、髪形状の癖、アイプリント、まつげ、鼻の形、口の描写、ことごとくがアニメと同一だ。

 アニメの雰囲気をよくここまで再現できた。それだけにフィギュア収集家の評価を高める要素となるポーズが大人しいのが残念だが、ともかくも原作ファンからは拍手ものの仕上がりだね。

 髪の毛の造形はあっさりしている。アニメとおなじ。線が少ないのに下手にこだわられても興を削ぐので、忠実な造りは安心できる。こだわるほどにかえってシンプルさが要求されるパーツは髪の毛でとくに多く、らき☆すたといった作品などが代表だろう。

 バストは年齢相応に未発達。今後は期待できそう。

 肌にフィットした吸汗性に優れ動きやすそうなコスチュームだ。

 ワキがよく見えるね。いい眺めだ。

 前も後ろも体のラインがあちこちよりエロチックに浮き出ており、これはアニメにはない。パンチラすらなかったから、あるわけがない。

 でもフィギュアでは浮き出ちゃう。商業立体造形で一般的な理想化という工程だ。ワンピース姿のリナはそれがとても分かりやすい。なお、もうひとつの顕著な理想化は頭身の拡大だが、このフィギュアでは行われていない。アメコミを意識したデザインゆえアニメの時点で十分に頭身が高く、さらに伸ばすとキャプテン翼みたいに不自然となってしまうからだ。

 元気な腕だ。右腕のポーズがこのフィギュアでもっとも大きな動きとなっている。左腕をぶわっと上に投げ出すような感じだったら、もっと見栄えがしたかも知れない。

 チアに必須の装備だ。

 チアだから裾部はおそろしく短い。

 ヘソが浮き出ている。すでに述べた通りの演出。

 ヒップを意識させるラインの浮き上がり。

 元気な足じゃないか。

 台座にはヒーローマンと。

 これだけスカート部が短いから、いくら足を閉じていようが、すぐに見えてしまう。

 後ろからの眺望は期待できる。アンスコのカラーは濃いめの青だ。

 下はアニメ7話の見えちゃった演出シーン抜粋。ジョーイの瞳にパンツの形をしたアンスコが。その色は青い。ところでジョーイ君は慌ててアンスコから視線を反らしたけど、右のサイモンはクールを装いながらスカートの中、しっかりガン見してた。

 アニメで公式の配色が明かされているから、これがリナの……と変態紳士は安心して太鼓判で眺めるべし。

 この13歳のお尻を凝視するためだけでも、フィギュアを買う価値があるだろう。

 アンスコゆえぱんつ的なエロ要素は皆無だ。しかもアンスコにつきもののフリルもない。13歳でスクールチアだから、まだ早い。

 それでもこのヒップは素晴らしい。飾り気がなく健康的なのに、エロい形だ。

 最後はいつものクローズアップで。断然、オススメの一品だね。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp