エクセレントモデル ハートキャッチプリキュア! 1/8キュアブロッサム&キュアマリン

2010年発売フィギュア は行タイトルフィギュア
2010/10:メガハウス 原型:キバヤシノリオ 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 いきなり決定版確定の2体が来た! 最初からこのレベルじゃ、他のメーカーはやりにくいだろうな。

 キュアブロッサムとキュアマリン、同時発売。

 箱はいつものエクセレントモデル風味に、プリキュアの変身アイテムを模したもの。今回出た主役2人のほかに、キュアサンシャインなど後発レギュラーも予定されている。

キュアブロッサム

 動物が邪魔になりそうなので外したぜ。

 全身のポーズがしゃっきりと決まっている。そのうえで普通なら見えるわけがないヘソ部分のへこみなど、フィギュアならではの「良い嘘」を随所に忍ばせている。

 クリアパーツの髪の毛は変身直後って雰囲気が出ている。

 手足が細くてスタイリッシュだが、アダルトさを感じさせない絶妙なバランスだ。

 背中側から見れば、思ったより頭が大きいと分かる。

 ポーズも良く決まっている。

 やや上側でも表情がきれいに見て取れる。

 下でも大丈夫。角度を選ばず安心して見られる、よい顔面パーツの作りだ。

 メガ家版ブロッサムを前にしたら、これまで展開してきたバンプレストのプライズシリーズは消し飛んでしまうね。掛けられたコストがまったく違うとはいえ、次元が違う。

 こういった顔は好き嫌いが出そうだが、アニメをしっかり見てるハートキャッチされちゃってる生粋のファンなら、高い確率でOK問題なしというパース配置だろう。

 ロリなまんまるい顔のフィギュアは、個人的にとても好きだ。箱に戻さずレギュラーで飾ってる作品には丸顔のものが一番多い。

 丸い顔は愛らしさをアピールしやすいと思う。ロリを示すのにちょうどいい記号だろう。

 髪の毛以外にも多用されているパール系塗装。

 髪そのもの3連続。

 胸はちょっとはあったような気がするが、リボンで覆われていてもなお、ぺったんぺったんつるぺったんだとすぐ分かる。

 まあいいや、こういうのはよつばとフィギュア的にはまったく大丈夫だし。

 背中の露出。

 プライズ景品と違い、このグレードの作品はしっかり爪まで塗られている。

 へそっぽい表現と、スカート。

 スカートのハネはアニメっぽい表現だ。

 うしろ。あ、完全にちらって見えてるね。

 足。骨折してるとか突っ込みはなし。アニメでもこんな感じ。

台座

 魔法少女に欠かせない謎の生き物の特技は、光り輝くうんちがこころの種。

 下はスパッツだけど、掲載写真はでかでかと。

 スパッツ離れしたモノを感じたので、縮小率を抑えた。

 まずはこれ。うむ、見事に張り付いてるね。股間に。

 スパッツになってる意味がほとんどない密着感は、ジャストフィットにエロい。

 ぱんつでなくてもまったく大丈夫。堪能できる素晴らしいスカートの中身だった。キュアマリンのほうはじつはもう一段階エッチだ。

キュアマリン

 動物が邪魔なので退いてもらう。なんでいきなりマリンの正面に立ちふさがってるんだろう。おまけの分際で。

 このキュアマリンはクリティカルな仕上がりで、ブロッサムよりもお気に入りとなりそうだ。

 左右に広がるクリアパーツの髪の毛がきれいだ。

 後ろ側も隙はない。

 見応えのある、まさにエクセレントモデルのタイトルにふさわしい。同社のクイーンズブレイド物と比べ比較的情報量が少ないだけに、かえって細部の良さが分かるというものだ。

 傘が開くような髪の角度がいい。

 キュアマリンの身長は歴代プリキュアの中でもトップクラスのミニマムぶりだが、ブロッサムも背は低いほうっぽいので、2人並んでもあまり違いはない。

 全身の造りがメリハリ効いてるね。

 斜め上より。

 キュアマリンの視線は若干下向きなので、飾るならやや高い位置がいいかも知れない。そのフィギュアが魅力的に見える高さというのは、私はフィギュアの視線と合うことが基本だと思っている。

 すこし上より正面を。

 ほぼ同じ角度でしかしやや下側より。やはり視線正面がベストアングルに見える。

 萌えフィギュアと目が合うってのは、かなり大事な要素なんだろう。目をつぶるフィギュアがあまり人気がないのも頷ける。

ティアラ

半透明ウェーブ

 髪の毛全景。こういう2つに分かれてドリルを巻く髪型は、アニメなどでは割合見られるが、実際にはかなり難しいだろう。

尖端部分

 キュアマリンの胸元もブロッサムとたいして違いはない。

 スレンダーな体に、丸い大きな顔。ロリコンには垂涎のいいバランスだ。

背中

おてて

 スパッツがチラっと。

 スカート正面。花びらの一枚一枚が足に合わせて自然に分かれてゆく。

 後ろの跳ね上がり。

 ダイナミックな脚部。

 力強い足の曲げだ。

 台座はブロッサムと共通のデザインで、浮き彫りマークはマリンのもの。

 謎の生き物。半年以上見ていて、じつは未だに名前を覚えてない。心底どうでもいいし。

青いスパッツ

 食い込んでるぞ!

 抑え気味だったブロッサムよりも、股間のパワーがアップしてるように見える。

 たとえばこの辺りの三角形とか。

 引き締まったおしりとか。最初で述べたように、エクセレントモデルのハートキャッチプリキュアは今後キュアサンシャインなどが発売されるぜ。もちろん買うつもりだ。早く3体並べたいが、早くとも半年は先の話だろうし、倉庫に埋もれて写せないかも。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp