3 -シーキューブ- 1/8フィア シーツの上でギリギリフィギュア

2012年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2012/09:キャラアニ 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 呪うぞ!

 箱ですでに桃色光線を発散してやがるな。

 C3のフィギュアはどこもエロで攻めてくるね。そういう作品だしな。

 おかげでロリ系のエロフィギュアが簡単にリリースされて、ロリコンとしては嬉しい限り。

 エロフィギュアってどうしても巨乳率が高いので、原作ありのエロ確定ロリキャラは貴重なコンテンツだ。

 基本、視点はどうしても縞パンに向きがちだぜ。仕方ない、だって男の子だもの的な。

 くるくる廻る。

 ギリギリフィギュアとは、まさにその通り。

 台座のシーツは中空どころかペラペラなブリスターにすぎず、質感は皆無。

 顔は原作イラスト寄りだ。シーキューブは小説とアニメの絵柄がまったく違うので、アニメから入ったファンにとっては、あんたダレ状態。

 これをどう評価するかは人次第だね。エロいロリが好きなら、買ってよし。あくまでもアニメキャラとしてのフィアが欲しいのであれば、避けた方が良い。

 なんにせよフィアはフィアだ。

 髪の毛。パーツ精度ははっきりいって低い。

 これもエロフィギュアの宿命か。エロ系はどうしてもクオリティで残念なことが多い。原料費数円しかかけてないお粗末な台座ひとつとっても。

 だからあとは雰囲気をどう楽しむかだな。エロでクオリティも欲しいなら、メガハウスかネイティブしかないし。

背中

 それにしても、ギリギリな肢体だ。



 ここよりエロパート。まずはいきなり秘所をぎりぎりまで。これ以上は見えない。

 お尻の谷はなんとも凝っていて、むこうが見える。

 やはりこのフィギュアの核心は股間に集中している。脱ぎかけ状態がまことにけしからん、ギリギリ。

 量産品のクオリティはプライズフィギュアレベルでしかないが、純然たるスケベパラメーターは、けっこうな数値を叩き出してるよこのぱんつ。

 脱がしてもなにもないとの報告がネット上であるので、このまま夢で置いておくのがいいだろう。

 この股間にかけたパワーをもっとほかの細部にも発揮して欲しかったな。とりあえずしまパンごちそうさま。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp