ズームレンズ×3 とべ動物園

漫遊
撮影:2019/04/20

 カメラ1台に超広角・標準・望遠のズームレンズセットで出動し、地味ながらかわいいフレンズたちを写してきた。レンズ運用テスト。 桜が咲き始めて数週間、四国は山の奥で満開なり。 山を越えて行ったのは。 動物園だ。愛媛県伊予郡砥部町 とべ動物園 砥部(とべ)は砥部焼の産地。 子どもの日が近く、こいのぼり飾り。 この撮影はカメラ1台のみでズームレンズ3本を運用するテストを兼ねた。標準ズームで鶴さん。 おなじくリクガメさん。 超広角ズームでワニさん。 標準ズームでイグアナ。 超広角で数メートルあるヘビさんを頭からしっぽの先まで一発。 望遠ズームで寝てるヘビを。 標準ズームでモモンガ?ムササビ? 標準ズームでフクロウ。 この日はズームレンズを激しく付け替えまくった。 たぶん60回くらい。 でもほとんど絞り開放近くで、センサー上の汚れは気にならない。帰宅後すぐ入念に清掃だ。 ここからどのレンズを使ったかは省く。ペンギンさん。 すこしでも画質のいい結果をゲットしたいので、高倍率ズームでなく低倍率ズームのセットで運用する。 とはいえレンズは安いのばっか。こだわるわりに中途半端だぜ。 高倍率ズームは2011年はじめから使ってない。私の撮影スタイルは静物が極端に多く、ゆっくり写せる。 だから低倍率。まあいまのこだわりもいつまで続くか分からないが。体力が落ちたら簡単に高倍率ズーム使うだろう。 肉食獣のおもちゃ。すごいボロボロ。 この子だって。 猫の仲間は昼間よく寝てる。 低倍率ズームにこだわるのは、下の写真のようにボケがわりとキレイだから。最高は単焦点だけど、画角固定レンズは写すものが決まってないと扱いが難しい。 ライオンさん。かばーんさいーん 昼飯だぜ。 このオムライス、名をオムライオン。 キリンさん。シマウマ ボケを見るのもあったのに、うっかり絞った。 絞り開放。サーバルちゃんゾウさん トラだぜ。ボケがうるさくない。いいねえ。 現在所有してるズームは去年までと比べボケ味がずいぶん改善されている。煩いのは超広角だけだ。 近いうちにひとつ上のランクと置き換えるかもかも? 分からん。 あやしい猿。失敗 子育て中カンガルー。望遠の背景ボケが驚くほど煩い。特定の距離でいきなり崩れるらしい。ここは妥協だ。崩れが起きない望遠ズームは価格が3〜4倍になってくる。出番少ないのに。 角の小さいシカさん。猿山ラクダ 間抜けな顔のバク? 食事に夢中のレッサーパンダ。コツメカワウソたぬききつねひつじアシカ 標準ズームは評判のF4通しなので安心できたが、超広角と望遠はやはり崩れるときは写りがヘタレる。発生条件を知っておかねばならないが、元から使用頻度が低く、気をつけても次の出番までには確実に忘れるだろう。よって毎度いちいち復習しないと回避できないだろうな。いずれも余裕できればランクをあげたいところかも。優先度は低いけど。

漫遊 撮影リスト