四国水族館とソラキン ラッセンみたいなイルカ 漫遊 おでかけフォト

撮影:2020/08/10

全館フォトジェニック空金香川県坂出市番の州瀬戸大橋を四国側より展望。アンパンマン列車瀬戸大橋記念館瀬戸大橋の模型とかで勉強できる。瀬戸大橋が架かるまで、中四国を結んでいたフェリー。吊り橋工事重いものを支える構造。中でやってたアニメ。どこかで見た絵柄だなと思ったら、「君の名は」で一躍有名になった新海アニメに、初期から参加してる美術監督さんだった。瀬戸大橋はアニメの舞台としてもけっこう登場する。古くは天地無用から。勇者であるグッズをちょっと購入。クマゼミ・アブラゼミ・ツクツクボウシ香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁
144mの金色タワー。ゴールドタワー天空のアクアリウム、ソラキンだって。シャボン玉をイメージかな?展望台まるごとアクアリウム空間。窓枠が水槽になってた。瀬戸大橋をバックに。金魚以外の魚もいた。シースルーアクアリウム風鈴ならぬ水鈴?つぎは四国水族館だが――時間を潰す。オタクなグッズの店で、よつばとのアクリルキーホルダーが投げ売りされてたので購入。今回の本命はゴールドタワーに隣接してる。四国水族館イルカプールサンセットデッキ本番に向け、練習中のイルカたち。イルカパフェ食べて待つ。18:30(※おそらく時期により変動)よりイルカサンセットプログラム。夕日を背負い、イルカたちがジャンプする。この様子が海洋画家ラッセン(1956〜)のマリンアートみたいと話題になった。動きモノ苦手なシグマfp (AF方式がスマホや安いコンデジと同じ)での撮影なので、置きピンで撮影。AFだと動き回る動物には10枚に1枚くらいしかピント合わないカメラでも、ピント範囲を固定した状態なら難なく成功。最後は5頭くらいが同時にジャンプ。夜間展示は暗がりに光のコントラスト。くらげくらげ流行ってるね。きれいだぜ。四国水族館は撮影されること前提、フォトジェニックな展示に特化してる。そのためか評価は高低極端に二分しがちだ。写真で写すには楽しい水族館だよ。ほぼすべての水槽展示が、見せるというより魅せることに熱心だ。その方法は水流と光。光と波紋。さらに投影も多用。これはソラキンもおなじく。ん?コツメカワウソ……かわいいな。買った。ペンギンペンギンと水槽とゴールドタワー終わりだ!

漫遊 撮影リスト
造形 撮影リスト
夢中 撮影リスト
風物 撮影リスト