プチ日本列島の公園 二回目

漫遊
撮影:2013/01/15

 飛ぶ鳥を写しにいった。 また来たぜ。まあ用事の待機時間だが。兵庫県伊丹市 昆陽池公園 日本列島の形をした島のある公園。 水鳥がたくさんいる。 ちょうど越冬の時期なので、こんなゴツい装備の人もいる。許可をもらって撮影。 きちんと鳥を写す人は長玉+三脚を使う。 今回の撮影はほとんど 70-300mm +一脚だ。 給餌場のハクチョウ。 飛ぶぜ。今回は鳥の動く撮影に挑戦だ。後半で思いっきり。 ……エサを食うぜ。潜る この子も―― 潜る! ……潜水中。 残念、失敗だ。毛繕い 陸にあがってる鳥に近づいてみた。 こっちに寄ってくる。 それはこのように―― エサをくれる人がいるため。もちろん給餌場だけ。 いろんなカモがいるね。素人なので個々の種類はちょっと分からない。 たまにはこういう撮影もいいだろう。ちなみに普及用望遠の70-300mmごとき(実売3〜4万)で鳥を写してたのは、にわかの私だけだった。きちんと鳥を撮る人なら超高倍率コンデジ(ネオ一眼)やフィールドスコープ、超望遠レンズを使っている。 水鳥ではないがおこぼれに与ろうとうろつく小鳥。 群れがいる。ユリカモメ おっしゃ、飛んだぞ! 撮影のチャンスだな。 70-300mmではせいぜい10〜15mが限度だ。 AFがきちんと追従してるのがすごいね。さすが一眼レフ。 ほぼカメラ任せの連写より抜粋。 降りるぜ。整列 今回のベストショットかも。 初めての飛ぶ鳥さん撮影はタイミングを掴むのが難しく、だいたい後ろからになってしまった。前から写そうと思ってカメラ構えるともう後ろ見せてる。予測しないとね。 目的をとりあえず達成できてミッションクリア。

漫遊 撮影リスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp