そーなのかー龍馬伝 土佐・龍馬であい博

見聞
撮影:2011/01/04,06,09

「へーそーなのかー」
 東方のルーミアと巡る、ミニ博覧会。この龍馬像は面白い変な顔だったから思わず写したよ。坂本龍馬 さすがNHK大河ドラマ、高知ではコンビニまで龍馬像を置いた。 2010年度の龍馬伝に合わせて、高知県は土佐・龍馬であい博というイベントを開いた。 2010年1月16日から、2011年1月10日にかけて。
「そーなのかー」高知県高知市JR高知駅メイン会場 高知・龍馬ろまん社中 今回であい博を巡ったのは、2011年1月4日から9日にかけて。なんと終了1日前。 各会場には1〜2箇所、写真撮影可能なコーナーがあった。 コスプレした同伴者を写したぜ。 知っている人は知っている、知らない人はまったく知らない、地元の漫画家。 売り場や休憩所は撮影可能だ。下は珊瑚で作った龍馬。 休憩所といえどもセット仕込みで、それなりに力を入れている。 よさこい鳴子踊りの紹介。 県下の紹介など。 土佐・龍馬であい博には3箇所のサテライト会場がある。近い順に紹介してゆく。サテライト会場安芸・岩崎弥太郎こころざし社中 撮影可能コーナーには貧乏時代の弥太郎で写せる場が。 安芸市スタッフの背中に、龍馬伝に出演した役者のサイン(本物)がずらりと並んでいた。岩崎弥太郎像日本列島「へーそーなのかー」岩崎弥太郎生家 家の瓦に、有名な印の原型が。三階菱紋「そーなのかー」 誰もが知ってる三菱マーク。三菱グループの創始者と坂本龍馬が知り合いで、時には一緒に仕事もしていたのは不思議な巡り合わせだ。ちなみに愛用しているニコンも三菱グループの一社だ。 つぎはほとんど県境の山奥だ。 1月の山中だから普通に雪がそこかしこに積もっていた。サテライト会場 ゆすはら・維新の道社中 梼原はかなり時間がかかるので、よほどの龍馬好きか、ほかの目的でたまたま訪れた人しか寄らないだろう。「へーそーなのかー」 龍馬が脱藩をする前日の囲炉裏。 上の階は地元の民俗資料室。明治時代の掛け軸で、すでに龍馬が尊敬の対象だったことが伺える。 本物の鎧甲や陣羽織に武器類。「そーなのかー」維新の門
 図らずも雪が降る中での一枚。この後、みるみるうちに数センチ積もった。 この地を利用して土佐藩より脱藩した志士たちの群像。坂本龍馬は下の写真の真ん中。銅像の8人全員が、明治の文明開化を見ることなく散っていった。 最後は高知市から車で3時間かかる、足摺岬の根本。サテライト会場 土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中 ここは日米外交の黎明期に重要な橋渡し役となった、ジョン万次郎の生誕地だ。 さすがに高知の果て、人はかなり少なかった。 会場の中はいきなり、幕末前夜のアメリカ風。 撮影可能コーナーには、ジョン万の帽子と、地球儀。 ジョン万次郎はアメリカの捕鯨船に乗って、気がつけばリアルに地球を一周してしまっていた。日本に帰国する資金を得るため、カリフォルニアのゴールドラッシュにも参加している。「へーそーなのかー」 ジョン万を漂流させた太平洋。無人島で半年あまり過ごしたのち、米国の捕鯨船に拾われる。 帰り道、四万十川に虹がかかった。

見聞 撮影リスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp