桑田山の雪割り桜 風物 おでかけフォト

撮影:2012/03/08

桜色には因幡てゐが合うぜ。坂をあがると――菜の花の群生が。その奥にピンク色。満開の桜林だぜ。高知県須崎市桑田山 雪割り桜変わった名だが、幹は見ての通り桜のもの。2月中旬から3月中旬の間に花を付ける、早咲きの種類だぜ。2012年は3月7日ごろ満開との予想が出て、天気を見て翌8日に写しに行った。本当の種類はツバキカンザクラ。寒桜は早い時期に咲く桜のこと。雪割り桜の名は、溶けきらぬ雪を押しのけて花を付ける姿から。高知の平野部は雪がほとんど積もらないけど、桑田山というように、ここは雪の降る山中だぜ。でも今年は何週間か開花が遅れたので、すでに雪はなし。それだからか、人がけっこういた。記念撮影。それじゃあ、特定の花を見に来たときによくやる奴を。まずつぼみ。ふくらみはじめたぜ。開くぜ、開くぜ。ほうれ開いた。サクラサク。満開の姿は幻想的だなあ。というわけで、サクラギャラリーだぜ。魚眼ズームはこういうとき威力を発揮するな。透明感あるぜ。マクロレンズで。ここからコンセプト撮りで。まずサクラと風景。園児たちの遠足。雪割り桜、長年に渡ってすこしずつ増やされてきて、現在では1000本を超えるという。ちょっとした撮影スポットだな。ここよりサクラ密集。ひたすら構図一杯にサクラだけ。どこまでも桃色。雪割り桜は普通のサクラのイメージであるソメイヨシノより、色が濃い。桃の花ほど濃いピンクではない。太陽を背にすれば花びらが透き通って綺麗だぜ。これにて満開の雪割り桜、おしまい。

風物 撮影リスト
造形 撮影リスト
夢中 撮影リスト
漫遊 撮影リスト
© 2005~ Asahiwa.jp