よさこい2019

風物
撮影:2019/08/10

元祖よさこい祭り よさこいの季節が来たよ。今年もまとまった撮影機会を取れず、かろうじて2時間だけ写した。高知県高知市大手筋
 最大規模となる本部競演場だ。テレビ中継の時間帯にくれば、コンスタントに有力チームを写せる見込みが高い。伊呂波 望遠レンズは年に数えるほどしか使わないため、使い方を体が思い出すのに毎回10分以上を要する。最初の辺は数十枚写して1枚使うかどうか。めごみSAJKAJふっこう連 どこかの被災地の復興記念(ないし祈念)じゃなく、大規模天災の多い時代への祈りで名付けられたもの。炎(ほむら) やっと「動き」を望遠で追えるタイミングを体が思い出す。 まだピントが甘いが、こんなのをコンスタントに写せてやっとスタートラインかと思ってる。下手すぎ。よさこい国際交流隊朱七(あかしち) 動きゆっくりだが一瞬だけ見せる腕や指の品。祭三代・IKU!早稲田大学よさこいチーム 東京花火 若いチームのエネルギッシュ。俵屋 ベテラン勢の技術。 ピタっと止まる。十人十彩 テレビ中継のおおきな機材と一緒。 よさこい節の元となった、お坊さんの悲恋を演じる。実話。 一糸乱れぬ揃いぶり。上位常連チーム。セントラルグループよさこい踊り子隊 動きの激しさと暴れっぷり。SUMMER ZIPPER めっちゃ大きい旗のパフォーマンス。旗振り役はわずか数分しか持たないとか。何キロあるんだろ。ほにや ここも上位常連の有力チーム。 写真では分かりづらいか。ウェーブのように踊りが前から後ろへ伝わっていく高度なパフォーマンス中。 長い布によるパフォーマンス。近年の流行だ。 以上、駆け足2時間。適当だぜ。今回の現像は人物写真で受けやすいキヤノンを意識し、赤みを強くし、コントラストもやや薄めにしてみた。カメラに任せるとニコンはすぐ写実にしてしまう。すなわち肌が濃く沈んで黄色い。いやそれこそ「写実」なんだけどね? メラニン色素多めな西日本人だし。 ならキヤノンのカメラ使えってのは「なし」で。メーカー移行って私のシステム規模ですら50万円くらいガチで掛かる。よほど覚悟を決めないと無理。

風物 撮影リスト