春の木蓮

風物
撮影:2012/03/20

 街路の木蓮を見てきた。2種類ほど。 3月も後半。街角で花も咲き始め、春が強く感じられるようになってきた。 だが春の代表な桜はまだ早い。てなわけで、桜ほど綺麗ではなくとも、インパクトのある木花を。木蓮(モクレン)
 狭義の木蓮はこの紫色の花を付ける種類らしい。別名シモクレン(紫木蓮)。 木の蓮と書くように、蓮に似た花を付けるのだが、よくイメージされる水場の蓮(睡蓮等)は花びらが尖っているのに、木蓮は見ての通り丸っこい。 花を撮影するとき、いつもやってるつぼみから散るまで。 咲くぜ。 もっと咲くぜ。 バナナの皮むきだぜ。 開ききったぜ。この姿が蓮と似ているな。 木蓮の花は十数センチあっておおきく、見応えがある。 街路樹として植えられる木蓮の仲間には何種類かあるが、シモクレンと並んでおおきな花を咲かせるやつがある。 そいつの植えられてるところをネットで検索してみると、意外なことに、自転車で5分以内のご近所だった。 てなわけでハクモクレン満開の街路道。 白木蓮(ハクモクレン)は木蓮(シモクレン)の品種や亜種と混同されることが多いらしいが、まったく違った種類とのこと。 でもまあ、色が違うだけでおなじに見えるね。 適当にパシャパシャ写した中から選別。より抜き。 モクレンって花を縦に咲かせるから、花の内部、あまり見えないんだよね。 咲き誇ってるな。 以上、道ばたの木蓮2種類を観賞してきた話。

風物 撮影リスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp