守矢で紫陽花

風物
撮影:2015/05/30

 新しく導入した現像ソフトの野外撮影設定を煮詰めるための撮影。 今年のアジサイは早い。5月のうちにかなり咲いてる。何カ所か巡ってアジサイを写した。しかしこの日は風がある。 風によるブレを防ぐため、マニュアルモードでシャッター速度1/250、絞りはF8中心、ISO感度はいくらでも上げた。理由は幅広いISO感度に対応できる現像設定を煮詰めるためだ。 まずは普通のホンアジサイ。 カラフルだね。逆光 つづけて肉厚なアジサイ。あれ、ホンアジサイあっというまに終わったね。面白い絵が少ないから消しまくった。 肉厚な花はぷにぷにで楽しいぜ。 面白い花だ。 白いアジサイ。 白いぜ。 シルキーピックスPro6の設定をいろいろと調節してみたら、ボケ味がかなり変化した。NX-Dよりも幅広いかも。レンズの描写に不満があっても、いまどきの現像ソフトでちょちょいのちょいだ。ただし上級モデルね。 マクロレンズの最短。下の写真、信じられないだろうけどISO感度9000だよ。 いよいよ本番、ガクアジサイだぜ。 こいつのおかげで一挙に設定を煮詰められた。 シルキーピックスの旧モデルは青が飽和しやすい欠点があったが、プロ6は出にくいね。 最近はレンズをかなり絞るようになってる。絞り開放を好んで楽しむ時期はすぎた。ボケさせすぎても意味ないし。 それにあるていど絞ったほうがボケは美しくなることが多い。 近寄って絞って写すのが簡単だぜ。 いい感じに現像できたな。主題を茎に持ってきたつもり。 アジサイを下から写すと面白い。 そろそろ、おしまいかな。 撮影152枚、採用23枚。 Pro6のオート機能のおかげでこれまで難しかった、あるいは時間がかかってた表現を短時間で得られるようになった。

風物 撮影リスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp