PeakDesign アンカーリンクス

機材
購入:2019/05 分類:ストラップ

 三脚・手持ちの運用に革命をもたらした定番ツール。取り外しでスムーズ。 アンカーは「錨」を意味するぜ。箱はとてもシンプルでスマート。 ハイアマとプロより絶大な信頼を得ているアンカーリンクスは、耐久90キロ、耐用年数3年をアピールする。紐がほつれて黄色いサインが出たら交換しろってね。 おもちゃみたいに見えるプラスチックの塊だが、安物じゃない。高性能なエンジニアリングプラスチックだ。素材がプラスチックなのは、いうまでもなくカメラ側の保護に優れるからだぜ。 こうやってストラップ側アダプターとワンタッチ。頑丈に絡むぞ。 通常の使用例。ストラップは様々なものを付けられる。首からさげる、片手にもつ、ベストで胴体に巻くなど。 アンカーリンクスを外せば、このように三脚撮影が楽ちんだ。プラスチックなので擦ってもぶつけても大丈夫だし、カメラに傷も付きにくいぜ。 ところでアンカーパーツは予備2個。所有カメラもレビュー時点で2台なので、2台目のニコンDfにアンカーを付ける。 ストラップ側1つに対しアンカーは2台ぶん。これで外出時は同時1台運用の縛りが生じるが、個人的には都合がいい。最近は意識的に1台しか持ち出してないが、これで物理的にも制限を掛けられる。経験則から、1台のほうがフィギュアを伴う野外撮影ではより「フィギュア」へ注意を向けられる。これは重要だ。 ストラップ側はオプテックシリーズで、ストラップ本体を自在に装着できるタイプだったりする。上は細いの、下は厚いの。 さらに気分によって柄付きとか。使い分けだぜ。 まあ私の写真活動はその大半が自室でのフィギュアレビュー撮影だ。普段はずっとこの状態で、これまでよりさらに身軽に作業へ専念だぜ。

アクセサリー レビューリスト