CosmoTechno LEDデスクランプ CDS-90α 機材レビュー

機材
購入:2015/11 分類:照明器具

多機能な高演色LEDランプだぜ。コスモテクノの売れてるLEDデスクランプを導入した。代理店っぽいところが自然光LEDデスクライトとか宣伝してて、ネット上で怪しいCMをガンガン掛けてる。楽天やAmazonでもデスクランプとかの分野で売れ筋ランキング上位の常連、ヒット商品だ。素人騙し的じゃないまともなサイト、英語伝やジャストシステムでも推奨商品として売ってるのを見て気が変わった。Z-208Bを2台並べて普段は5000Kの超高演色蛍光灯を付けてたが、目が疲れやすかった。モニターは6500Kなのに周辺が5000Kなので、モニターから目を離すと周囲が赤く見え、反対に周囲の色温度に慣れるとモニターが変な感じに見える。レビュー記事の写真とか、「色」でいろいろ作業してるんで、モニターと周辺の色温度はできるだけ統一しておきたい。でも6500Kの色比較用蛍光灯は紫外線が多く寿命も短いので、普段は使えない。そこでこのCDS-90αだった。CRI Ra90〜93以上の高演色を叩き出す。Ra80台のLEDは色かぶりを高確率で起こしており、できるかぎりモニターへ集中しつつ作業をこなすには、いい感じの「白い光」が欲しかった。白がしっかり白く見えるから、写すのも楽でいいぜ。魔理沙の発色、とてもいいな。もしかして撮影にも使える? もっともこのLEDスタンド、明るさが400ルーメンもない。電球形LEDの暗いモデルていどってことで、光束の総量はZ-80Proの半分くらいだ。でも暗いおかげであまり眩しくない。これで作業がはかどればいいな。色評価用蛍光灯は撮影ブースの作業灯へ戻った。撮影はみんな5000K、それ以外は6500Kだぜ。なおこのLEDランプはニセモノが出回ってるので注意だ。

アクセサリー レビューリスト
© 2005~ Asahiwa.jp