マックスファクトリー ベルセルク figmaガッツ黒い剣士Ver.

玩具
発売:2012/01 原型:浅井真紀 素材:PVC/ABS/POM/PP 分類:アクションフィギュア

 ちびっくて迫力だな! ベルセルクはリアルタイムで第4巻辺りより読んでいる。ここ10年はもっぱら単行本のみ読者だが。 もっとも萌えフィギュアサイトなんで、ネタ要員としてしか買わんよなあ、こういう奴は。 燃え玩具のレビューは久しぶりなのでこの意味不明なポーズに違和感を持つ人も多いだろうが、Asahiwa.jp で野郎といえば、ルルーシュ以来いつもこのポーズだぜ。 たまらんことQ-joyより受け継いだイメージはいかにもな変質者だな。野外撮影で使えそうか分からんけど、片隅にでも置いておくよ。 細かいところまでよく出来てるねえ。 萌えフィギュアと違って燃えは光量調整がやりやすいなあ。すぐにコントラストが適正になってくれるよ。明部の白飛びは心配しなくていいし、暗部の黒つぶれはむしろ重厚さを高めるような気がする。 保持力すごいよね。竜殺し持たせて腕を斜めに固定できるんだから。 首もぐるりん動くし。 なかなかの表情だよ。ネタにちょうどいいな。 顔は二種類だ。人面瘡みたいでホラーっぽいけど、何枚も撮影するのが面倒なんで。 人面瘡と対決するガッツ。 黒い剣士の鎧は質感高いぜ。胴丸の実寸は5cmもない。 すべての写真でガッツがこっち向いてんのは気にするな。 竜殺しだ。かなり軽くできており、ポーズが取れる。 やはりこういう使い方がジャスティス。 警察を呼ばれても大丈夫! モザイクさえかけてれば。 あちこちから顔を生やせて便利だぜfigma。 足の可動はなにげに座禅が組めるほど。 女性素体よりも関節が丈夫だから、往年のQ-joyみたいなゲテモノも簡単にできちゃうな。 ちっちゃなフィギュアを乗せたくらいじゃびくともしねえ。 さて、ガッツが野外撮影で暴れる日は来るのか? そういやこれアップ時点で、野外で撮影だけしておいてアップしてないな……figmaビリー・ヘリントンとか。もう2年半も。そりゃ変態が遺跡の説明会で狩りするって話だし。

玩具 レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp