ひな祭り四国村

おでかけフォト
撮影:2013/03/04

 ひな祭りだよ。

 四国の江戸から明治の古建築を移築しまくった公園。

香川県高松市 四国村

 いきなりかずら橋。

 これは祖谷のやつだな。

 おおこわいこわい。

 二番目で目的のものを拝めた。

 それは――

 ひな飾りだ。

 これまでひな祭り関連をまともに写したことがなかったが、残念ながら3月2〜3日と外へ出られなかったので、1日遅れだが4日に行ってきた。

 四国村のひな飾り展示は、数と質の双方が両立している。

 詳しくは分からないので、雰囲気だけで。

 ひな飾りひとつ取っても地域や時期で細部が異なっているらしい。

 ここに飾っているひな飾りは、四国の仕様とのこと。

 豪勢だな。完全に貴族だ。

 オーソドックスなもの。といってもフルセットなので派手だな。

 構図でわざと前にボケるものを置いた。

 このひな飾りセット群を展示している建物そのものも指定文化財。

 ちょっと離れて写すと、隠れていて上しか見えてない飾り棚がいくつもあることに気付く。

 近距離より全体を。

 雛飾りを守るためかライティングは一切ないので、本当はこのようにとても暗い。写真は思いっきり加工している。

 さあ、あとは適当に観光だな。

 この手の施設は当時実際に使われていた本物を置いてる。

 脱穀機かな。手動式。

 くつろぐぜ。

 雛飾り、メイン展示以外にもあちこちに配置していた。

 土壁の家。

 外国のお札がさらっと混じっている。

 四国村の雰囲気は昔に返った感じ。

 文化庁の表示だ。天下御免のお墨付き。

 いかにも古そうだ。

 こちらにもひな飾りがあった。

 祭ってる?

 なんだろうこれ。

 ほほう。力だめしか。

 これが94キログラムか。

 家以外にもいろいろ移築している。

歯車

 3つ同時に廻る石臼だ。

 イノシシやシカ対策の石垣?

 なるほど。壁だな。

 梅が咲き始めていたぜ。

 カンカン石のでかい塊が。

 香川県でしか産出しないサヌカイト。叩けば面白い金属質の高く透き通った音がする。木琴のような楽器にもなる。

 かつて瀬戸内海の小島にあった灯台。

明治

 洋風建築が。詳細は忘れた。

 中も洋風。

 鏡に写った射命丸。

 灯台をすぎてもまだまだ先があるぜ。

 わらの壁。

 水仙の群生。

 黄色い水仙。

 花はいいね。

 これはなに?

 よく分からんけど、水車型の汲み上げ器かな?

 この民家は地下室がある。用途はなんだろ。

 実用一辺倒の家だな。機能美だぜ。

 侘び寂び。

 水力を使うのだ。

 適当に写したら水がくねくねして綺麗。

 忘れたころにひな飾り。

 中庭だ。

 うむ?

 竹の外壁か。面白いな。

 薪の演出。

 性懲りもなく家の中を写す。

休憩

 土蔵だ。田舎ではまだまだ残ってるよ。

 扉に面白い模様が。

 へんてこな橋だな。

 へえ〜〜。

消防関連

 蛸壺だって。

 もちろん当時使われていた本物。

 古いポストと、なぜか大英帝国の電話ボックス。

 英国だけじゃないぜ。

 日本のもあった。明治。

水車

 四国村を出たところで昼ご飯。

 香川といえばさぬきうどん。いつもうどん食べてるよ。

 お土産もさぬきうどん。

 四国村は屋島という小山の麓にあるので、ついでに屋島観光。その道中にミステリーゾーン?

 この坂が登ってるのか下ってるのか、なんとかの錯覚現象が起きて、よく分からなくなるらしい。気に掛けなければ、車じゃ一瞬だけどね。

 屋島の上には屋島寺がある。

 たぬきの神。赤い鳥居って狐の神、稲荷の専売特許だと思ってたけど、違うみたいだね。

 時代を感じさせる。

 四国霊場八十八ヶ所の札所なので、白い服着た一同が参拝。しかもこの一行は本物のお坊さん付き。

 山の上なので、展望台だ。

 左が高松港。海の上に浮かぶ島でおおきめなやつは、鬼ヶ島伝説の伝わる女木島。

 サヌカイト売ってる。高いけど。

 ひな祭りなので手作りアイテム。

 ここはどこかな?

 池だ。

 血の池って、すごい名前だな。源平合戦の伝説。

 屋島の展望には源平合戦関係もある。

 写真では右のほうから源氏が攻めて、平氏を左側の海に追い出し、那須与一が的を射抜いた。すべてこの写真の範囲に入っている。

 より内陸側の写真。

 この辺りで源平が激突した。

 この辺りで与一が扇への必中を祈願した。

 なんかひな祭り以外がずいぶんと多くなってしまったけど、終わり!

Copyright 2005~ Asahiwa.jp