高知城花回廊 Carl Zeiss Milvus 2/50M ZF.2 の巻

おでかけフォト
撮影:2017/04/09

 今年もやってきた縛りプレイ花見フォト。

 ミルバス2/50Mのみで写す。下の写真はいまどき珍しい「球面レンズ」オンリーで構成されたレンズでしか見られない独特の光点ボケ。最近のレンズの大半が失ってしまった、由緒ある素直な点描ボケだ。ニュートンリングみたいな縞模様はおもに非球面レンズで発生するという。

 おかげで夜景が綺麗。夜を写せるレンズ。昨年は旧マクロプラナーで写した。

高知県高知市 高知城

高知城花回廊2017


 桜の開花が遅れた影響か、今年の花回廊は例年より1週間ほど遅れて開催。

 いろんな流派が巨大な生け花ディスプレイで表現する。

 凝ってるぜ。

 月と追手門。

 イベントステージでは和太鼓のパフォーマンスをしていた。

 城の各所に創作された生け花。

 道しるべとなる灯籠。

 石垣に和傘を敷き詰め、映像を投影。

 万華鏡のように変化していく。

 季節は4月はじめ、花の種類は木が多い。

 いろんなものを利用する。

 高知城天守へ投影。これもアニメーションする。

 宙に浮いた生け花。ボリュームすげえ。

 風が吹いて桜の枝が揺れる。

 照明の色が変わる。

 赤から黄色――

 さらに緑色へ。

 ライトアップされる満開の夜桜。

 赤照明が多かった。

 ニュートラルな生け花。発色の良さから、照明の光源はおそらく高演色。

 本丸へのぼった。

 ここにも生け花。

 お城と月。

青照明

 傘と桜と記念撮影。

演出ライティング

 緑の夜陰。

番傘3本

フライングアンブレラ

 謎の垂れ幕。

 例年はカラフルなのに今年は白とピンクだけ。

 50mm縛りの野外撮影、おしまい。


風物 撮影リスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp