安居渓谷の紅葉 by単焦点レンズ

おでかけフォト
撮影:2016/11/20

 地元にある渓谷の紅葉を、単焦点レンズ縛りで。

 前回ズームレンズで紅葉行ってきたので、今回は単焦点レンズ。見ての通りボケが柔らかい。

高知県吾川郡仁淀川町 安居渓谷

 山間ならどこの市町村にも一個は転がってる、よくある渓谷だ。

 安居渓谷は滝が多い。

 見返りの滝。

 なんか祀られてる滝。

 とりあえず滝。

 いろんな滝。

 こんなんでも滝。

 クライマックスの飛龍の滝。

 紅葉は赤。

 仁淀ブルーと赤。

 赤と緑。
 ピークをすぎた赤。

 黒の中に黄色。

イチョウ

 黄色の枝だ。単焦点なので背景のボケがきれい。



 いろんな崖。

 崖の紅葉は人間の手入れが入らず散発的。

 崖の中の立ち枯れ。崖の傾斜角度は下の写真でも70度にも達するとか。とても人間が立ち入る環境じゃない。

アナゴ

渓流

 仁淀川の上流。

 おなじ場所でレンズ違い。まず換算35mmの FUJIFILM X100T。広角担当。コンデジだけどイメージセンサーサイズがAPS-C。単焦点レンズで四隅まで解像しており流れもない。色のりがちょっと薄い。

 いつものニコンDfに Carl Zeiss Milvus 2/100M ZF.2。色乗り良好、というか濃厚こってり。私の手持ちレンズでは最高画質だ。コントラストの高さはカールツァイスの特徴でもある。

 単焦点レンズ縛りは構図に制約が生じ、写したくても得られない画がいくつかあった。撮影テーマが構図レベルで決まってるときは単焦点がいいが、紅葉みたいな観光用途の強い撮影ではやはりズームのほうが有利だな。

 ズームだと背景のざわざわする構図。使用機材はニコンDf・ミルバス2/100M・マクロプラナー2/50・X100T・WCL-X100。画角でみれば100mm・50mm・35mm・28mm。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp