帝釈峡の紅葉 byズームレンズ

おでかけフォト
撮影:2016/11/07

 行楽地の紅葉を、ズームレンズ縛りで写してきた。

広島県庄原市東城町&神石高原町 帝釈峡

 諏訪子を連れて――

 渓谷散歩。片道18キロメートル。長えよ。

 洞窟があった。

白雲洞

200メートル

 いかにも鍾乳。

コウモリ

 人に慣れており、近づいても逃げない。

 漫画とかのぶら下がるコウモリそのまんまだな。

 洞窟っぽい構造。左上にもコウモリ×2

 一番広い空間らしい。

 上と下がそのうちくっつく。何百年もあとに。

 そろそろ戻るか。

 ちょっと幻想的な風景。

 狭間の向こうに紅葉。

鬼の唐門

 宗教的な聖地でもある。

 500mほどつづく紅葉の小径。

 逆光は正義。

 まるで透過アート。

 ひたすら光の構図で写す。

 この撮影ではズームレンズのみ使った。24-85mmと70-300mmだ。

 ボケはいまひとつだが、構図を追い込める。

 逆光だらけ。

 普通のも入れる。

 唐突に赤い遊歩道が終わる。

 黄色から緑色へ。それでもまだコケの演出が魅せてくれる。

 日本最大級の物件。

 今回はこいつがメイン。

雄橋(おんばし)

 こういう奴。天然記念物。

 実際に使われてた天然橋で、日本最大。地味に世界三大天然橋のひとつでもある。

 でかいが写真ではスケールが分かりづらいかな。端から端まで全長90mだ。

 ここにも三途の川的なものが。たくさん。

 川底から上まで40m。

アーチ部分全景

メイン終了

 さすがに18キロずっと歩くのもアレなので、上帝釈から車で迂回、下帝釈に。

 歩道にはトンネルがたくさん。

 水辺と反り立つ岩壁と紅葉。こちらは来るのがちょっとズレた。

 帝釈峡は紅葉を目玉としており、象徴色の赤で塗った鉄橋が連続する。紅葉では日本なんとかのひとつ。

 また赤い橋があった。

 赤い鉄橋を減らしたくないと、わざわざ水上を移動して移設したのか。

 文化財指定までされてる象徴の橋。ほとんど人のこない歩道の外れでひっそり余生を送る。

 個人的に気に入った一枚。ちょっとだけ仙境っぽい。

 ズームレンズだけで紅葉を写した1日。つぎは単焦点縛りだな。

 飯はソバ。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp