まめしき東方Project 霧雨魔理沙 墓泥棒?編

2010年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2010/04:リキッドストーン/あみあみ 原型:風翔 素材:PVC/ABS/POM 分類:アクションフィギュア

 仲良く空舞う人間ふたり。

「マスタースパーク!」

高知県高知市愛宕山

「あそこの丘陵のてっぺんに、豪族の古墳があるらしい! これは私の腕の見せ所だぜ」

まめしきシリーズ第2弾

霧雨魔理沙だぜ!

 今回もアクションフィギュアとしてオプション大量、よく動き可愛い。

 黒い服は色移りがすぐ目立つので、霊夢ほどには思いっきり遊べないかも知れない。

 でもまあ、細かいポーズが似合う霊夢と違い、派手に手足を広げた動きあるポーズのほうが似合う魔理沙だから、手足は投げ出し気味になる。部品同士の擦過による色移りはあまり心配しなくてもいいかも。

 手に持っているのはミニ八卦。マスタースパークの発生源だ。

「にひひっ!」

 かわいい2.5〜3頭身。

「墓の入り口は鳥居だったぜ」

「距離はよつばとの中の人が住んでる場所よりわずか2.6キロメートルだぜ」
 家から歩いてゆける範囲に古墳があるのを最近知ったので、魔理沙の設定にかこつけて行ってみた。

 アップ。表情パーツは3種類ある。

 ユル可愛い破壊力はまめしき霊夢とおなじ。

 3つ目の表情パーツはのっぺらぼうで、シールで好きにデコレーションできる。

 帽子を取った魔理沙。なんか魔理沙ってわかる。

金髪美少女

「愛宕山だけにそのまんまで愛宕神社かよ」

「おっと、神社の裏手に謎の石組みが!」

帽子

 帽子を固定するダボは裏返しで格納できる。

 霊夢の頭にもおなじギミックが隠れている。

 霊夢も魔法使いの帽子を被ることができる。似合うかも。

表情シール

得意満面

「きっとここが昔のえらい豪族の墓だな!」

愛宕神社(裏)古墳(天熊社) 飛鳥時代くらい

 ミニ八卦は専用の右手首パーツ固定だ。

 胸周辺。超ロリ化なのでつるぺただぜ。

スカート前

スカート裏

 かわいい靴。

「古墳なのにいきなり石室へ入れるのかよ。封土はとっくになくなってるのか。さすが1000年以上昔の墓だぜ。射命丸より何百年も年上だもんな。墓の主の骨はとっくに消えてるけどな。高温多湿の日本じゃ、未盗掘墓でも骨の一片すら残らないことが多いんだぜ」

「残念、一番奥は鉄の扉で厳重に封印してあったぜ。別に破壊して盗んでもいいけど、それじゃ泥棒というより強盗っぽいしなあ」

 空飛ぶホウキは跨ぐようにスカートの前後で固定できる仕組みだ。

 直径さえ合えばぴったり填るので、今回は2本のホウキを使ってみた。まっすぐなほうはfigma霊夢のものだ。

 魔理沙のホウキは竹製という設定なので、figma霊夢付属のほうがじつは正しかったりする。そのかわりまめしき魔理沙付属のほうは造型上「乗ってるぜ」という演出がされてるぶん、一長一短だ。

 台座と支柱で空飛ぶポーズ。

 台座には穴が3つあり、3体までの集合ディスプレイが可能だ。

 ホウキは手に持てる。最後のオプションパーツはマフラーだった。

 霊夢とおそろい。

「祀ってある石室を屋根で覆って保存してあるぜ。神社になったことでかえって、破滅的な破壊を免れてきたんだなこいつ」

「日本には20万基以上の古墳がある。北海道など一部地域を除いて、ほとんどの人の近くには、歩いてゆける範囲に古墳が1個はあるらしい。東京のような超大都会にもたくさんあるぜ!」

 スカートの下はズロースだぜ。


東方Project レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp