とある魔術の禁書目録(インデックス) 電撃大王 インデックスおなかすいた編&白井黒子&御坂美琴フィギュア

2008年発売フィギュア た行タイトルフィギュア
2008/10,11,12:アスキー・メディアワークス 原型:バサロキック 素材:PVC 分類:付録フィギュア

 2008年末の大王3号連続展開付録フィギュア。全3種。

電撃大王2009年2月号 インデックスフィギュア

「ルルーシュぅ〜、ごはん〜〜」

「ルルーシュどの、ワシも腹が減ったでござる」

「……ほれ、食材買ってきてやったぞ。てかいつまで居座る気だよ」

「わーい、おいしいなぁ」

「うひょひょひょ!」

「ダメだ、こいつら妖怪だ……料理くらいしろよ。てか片方の目玉野郎、どっから見ても真性じゃねえかよ。いつのまに上がりこんでんだよ」

 おなかすいた妖怪インデックス。

おなかすいた

おなかすいた

おなかすいた

 スフィンクスは食わないよ?

 雑誌付録なりの出来だね。

素足

 スフィンクスがデフォルメ。

 残念、パンツはないぜ。

電撃大王2009年1月号 白井黒子フィギュア

 ん? いくら直立に近いとはいえ、なんでビリビリより背が高い?

 ですのテレポーター。

 電撃大王付録のフィギュア、メディアワークス時代はコストパフォーマンスの良い佳作が割合多かったけど、最近は原価高騰の煽りか、残念な作品が増えてきた。

 惰性で買い続けてきたけど、そろそろ潮時かも……でもロリがエントリーされたらまたまた買いそう。顔がすっかりくどくなったコミックアライブのはスパっと切れたけど、電撃大王はよつばとが掲載されてることもあって、どうも財布の紐がゆるい。

髪ですの

貧乳ですの

武器ですの

スカートですの

靴ですの

下着ですの

派手ですの

 理由は――原作読んでですの。

電撃大王2008年12月号 御坂美琴フィギュア

 原料高で以前と比べずいぶんと小さくなってきている。

 ほとんどCM'sの箱物と大きさは変わらない。

ビリビリビリビリ

 モロに膨らみあがったスカートの下はショートパンツ。

 顔は残念賞。モールドを無視して印刷された右目が、右下へ寄りすぎているのが原因のひとつだろう。ほかのとこで見たレビューも同様だった。あとは原型師の癖とキャラとの相性とか。黒子とインデックスは丸顔なので、バサロキック氏とは相性が良さそうだ。

 小さいのに短髪の後ろ髪は別パーツで多層構造に。

 バリバリ。サイズが小さいためどうしても太くなり、まるで枝珊瑚みたい。

 胸なんかないぜ。

 足のスジが。髪といい、サイズの割に細かいね。ほんと顔さえ良ければ。

ショートパンツ

 でもパンツはパンツだ。


とある魔術の禁書目録(インデックス)シリーズ レビューリスト
Copyright 2005~ Asahiwa.jp