涼宮ハルヒの憂鬱 figma長門有希 制服Ver. 芍薬編

2008年発売フィギュア さ行タイトルフィギュア
2008/02:マックスファクトリー 原型:浅井真紀 素材:PVC/ABS/POM/PP 分類:アクションフィギュア


「…………」

「ここは芍薬(しゃくやく)の畑」

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。美しい女性の喩え」

「私は客観的に見て美人。自慢ではない。そう作られたから」

「なにが美人だよう」

「かわいいは正義って言葉が今にはあるんだよ?」

「どちらがより高い花に辿り着けるか、勝負してみない?」
「……別にどうでもいい」

「なにくそっ――貧乳はステータスだ!」

「あれれ?」



「大丈夫か?」
「痛いよぉ〜〜」

「高いところは茎が細くて曲がって危険」

「適当に低いと安定するし、周囲に撮影してることがバレない」

「次から普通のレビュー」

figma通常タイトル第1弾

 「よく動くキレイ」のキャッチコピーは伊達ではないが、長門なので動きあまりさせないほうがらしい。

 2体並べるとなんかあれだね。百合?

 背中の穴は支柱のもの。

 替えパーツはいろいろあり、後述する。

 椅子で本を読む長門さん。メガネ状態は原作では1巻半ばまで。

 この状態になると置物と化しなかなか動かない。

アップ

 同社より出た1/8長門の顔つきとよく似ている。原型師は違うけど、浅井氏の腕と、瞳の原稿を担当した人の技だろう。

正面

 替えヘッドはハイライト位置が異なっているだけ。上がアニメ、下が原作。だからどうといわれても、ほとんど見分けが付かない。

 メガネあるなしは前髪パーツの取り替えで。

 提携ショップのみ付いてきた初回特典のマフラーはランダム5色のうちどれか。発売された2月はマフラーがまだまだ必要な季節。

制服全体

 胸無い。ぺったん。

 腕をおおきくあげると、セーラーもちょっとめくりあがってくれる。この辺りはみんなソフト素材で干渉しないようになっている。

 上履きと外履き。

 スチール椅子と本。

「貧乳娘の胸を触りたい」
「私のはどう? ほら?」
「だめだ、貴様は顔がたまらなすぎる……そうだ、その腕、もらい受けよう!」
「たーまーらーん!」

「くふふ……女の子の手でなら、触ってもごく自然に違いない」

「胸を触りたいって、女の子の手が勝手に♪」
「……何者だ」
「女の子同士でしょ! 平気でしょ!」

「気持ち悪い」

 グッスマでやってたポージング講座を元にいろいろ格好付け。

 長門に動きを持たせすぎてもあまり合わないね。

 ギターはBECKの。

 不自然なパンチラ。

 むりやりパンチラ。

「いい眺めだなあ」

Copyright 2005~ Asahiwa.jp