PandoraHearts 1/10アリスめいどらはーつVer.

2010年発売フィギュア は行タイトルフィギュア
2010/10:WAVEウェーブ 原型:アップラーク(増田英雄) 素材:ポリストーン 分類:スタチュー

 久しぶりに買ったポリストーン・フィギュア。昔の完成品はみんなこうだった。

 箱に内部を見通せる開口部はない。昔の完成品はみんなこうだった。

 ブリスターはなく発砲スチロール。昔の完成品はみんなこうだった。

 ……顔がいまいち。昔の完成品はみんなこうだった。

 サンプルの性格と真逆な儚げで恥ずかしがってる憂い顔に惹かれ購入したのだが、WAVEで顔パーツの劣化を食らうとは。

 後ろ姿は普通にいいんだよね。この辺りは原型から多少劣化しようがたいして目立たないし目くじら立てるつもりもない。

 ロリな体のバランスもいい。手足もテールも大きめで、ロリを良く理解してる造形だ。

 黒を基調に、白のみで固めたミニスカメイドのアリスは、ほんとうに珍しい姿。

 この角度も髪の広がりなどが良い印象を見せてると思う。

 サンプルにあった萌える表情が製品で失われたのは、おもに2つの理由からだろう。

 ひとつは頬周辺の恥ずかしがってる赤面塗装を大幅にオミットしたことで、雰囲気を損なっている。もうひとつは首が2ミリほど伸びたことで、これは美人の特徴だからロリキャラではむしろ可愛らしさを減少させるだけだ。

 近年クオリティが安定していたWAVEとしては珍しい失敗だが、慣れぬコールドキャスト製法ということで、普段とは違う工場でも選んだのだろう。

 さて、悲劇は置いておこう。顔を除けばこのフィギュアは原型本来の愛らしさを各所で主張しているのだから。たとえ1万円したとしても。

 メイドのカチューシャ。

 だんごな後頭部。針のようなレベルだけど、穴が空いてるねえ。

 元気で長いツインテイール。ポリストーンだからABSよりも脆いぜ。うかつに触ったらあかん。

 むねー。

 寄せてるけどないよ。

 羽根状の肩飾りがかわいい。

 1/10ながら指先は塗られていた。

 せなか!

 それとリボン!

 短いスカート。塗りの荒さはコールドキャストゆえ。

 足の塗りはPVCフィギュアの技術がいろいろ投入されてるな。

 漆黒の台座なり。

 ぱんつは純白。クロッチ構造やしわなどエロ要素はとくになし。

 それでもロリメイドミニスカパンチラは最高の眺めだ。

 あとはアップで。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp