SEGA 初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone SPMフィギュア 初音ミク リボンガール

2017年発売フィギュア は行タイトルフィギュア
2017/04 原型:杏蜜 素材:PVC/ABS 分類:プライズフィギュア

初音ミク♪

 成型色でコストダウン。かわりに大型化。



 DIVAよりリボンガールがフィギュア化だ。

 プライズは出来が良く個人的な琴線に触れれば手を出す。

 これはそのパターン。

 見よこのプロポーションとバランス、さらに髪パーツの細やかさ。

 プライズ景品離れした造型クオリティ。

 塗りはまあ――さすがにアップにすれば粗があるが、大胆な方法でコストカットしてる。

 髪・上着・スカート・リボンなどが成型色。肌色がPVCの色で発色させるプロセスが普遍化してるが、最近のプライズは積極的にほかの広い面積へも成型色を用いる。

 成型技術の発達によりプラモデルでの萌えが広がりつつあり、それらが多色成型で広い面積の色をカバーしている。プライズ方面に逆導入されてる形だろうか。

 最近になって急増し、見慣れてくると違和感はとくにない。PVCの肌色は最初から「おおっ!これだ!」状態だった。

 レンズ絞り開放。

バストアップ

 顔がかなりDIVAっぽい。当たりだ。

 プライズは全般的に似てる度をかなり犠牲とするので、似てれば正義。可愛いは正義。

 角度要素も十分。

 成型色の髪。塗りでの表現カバーはないが、照明によって自動的に陰影と光沢が発生し、ムラが生じる。これで色が勝手に豊かに見える。

 上着など。

 ミクさんは胸があまりないのです。それがいい! ロリコン的に!

背中

 ちらってるスカート。このプリーツ感、たまらんフェチ。

 足とニーハイ。

 衣装のあちこちにリボンがちりばめられている。

 ぱんつは白でリボン付き、繰り返す。ぱんつは白でリボン付き。

 ディテールは並だがおしりの食い込みは標準以上。

 シンプルな下着、赤いリボン。

 あとはアップで。

 おしりのしわは力入ってるな。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp