らき☆すた 1/4岩崎みなみ体操服Ver.

2010年発売フィギュア ら行タイトルフィギュア
2010/11:FREEingフリーイング 素材:PVC/ABS 分類:塗装済み完成品

 無口な後輩、1/4でリリース。

 半分つむった目と無表情が特徴。

 箱がおおきくてブースで撮影できないのはいつものこと。そろそろ、もっとスペースを取れるよう撮影する場所を片付けないとな。

 よつばやローアングラー文ちゃんの小ささで、1/4スケールの迫力が一端なりとも伝わると思う。女の子らしい肉感も出ている。頭でっかちはらき☆すたのバランスに慣れていれば違和感を覚えることはない。

 仲良しのゆたかと並べて撮影しようと思ったが、残念ながらすでに埋もれてしまい、取り出せなかった。

 これでシリーズ6体目となる岩崎みなみは、高良みゆきをすら凌ぐシリーズ最高のエロい内容となっている。もっともらき☆すたなので、エッチな方面の度合いとしては、たいしたレベルではない。ただ相対的に見て、エロいぜという話。

 下の2枚、なにか色気を感じないだろうか。表情もあるだろう。

 不思議ちゃんなお顔は、ミステリアス。

 再現度は高いと思う。みなみってすぐ分かる造形だ。

 1/4という特大サイズには一見わかりにくいディテールの少なさだが、線の少ないらき☆すたであまり造形に凝られてもかえって困るので、これで良し。造形的な面白味は薄いものの、やはり30cmの迫力はかなりのものだ。写真で伝えられないのが残念。

 単純な後頭面。

 1/4に布の服は合うね。

 胸? ないぜ!

 おおきなお友だち100万人があこがれる赤ブルマー。

 すらりとした足。

運動靴

 シリーズ共通台座は髪の色。

 癒しのブルマ。

 ヒップはさほど張り出さず。それゆえ現実っぽいブルマのラインだ。

 手足が狙ってるとしか思えないお誘いなモード。

 手足の当て位置がいやらしい想像が可能なポジションなので、その妄想をさっそく実現してみた半脱ぎ仕様。こういうことは布の服だから容易にできる。

 どう見ても岩崎みなみではありえないシチュエーションだけど、それはそれ、これはこれということで。

 たくしあげ上着。

 ついでに背中にすかし浮かぶブラの線を。

 ブルマーから除くパンチラ。

 こちらは大胆なパンモロ。

 このぱんつもこれまでの6体の中で一番だと思う。エロスがさほど求められていないらき☆すたフィギュアではこの辺りが限度だろう。1/4ゆえに貧相でもでかい尻だよ。あとフィギュアのエロは抑制されるほど、現実の女性の体型が持つレベルに近くなる。これも個人的にはかなり大事。

 想定のキャストオフ状態。

 ヒップがぐいっと出てるのがこのフィギュアの良い部分。

 恥ずかしそうに前を隠してるようにも見える。もちろん妄想だが。

 ブラはホック付きだ。

 バストサイズは原作とほぼ同様。

 背中の線。

 へそと周辺。

 スポーツ用のぱんつかな。

 おしりの部分がぱんつの境界でくいっと寄っているのはシリーズ共通の表現だ。

 あとは接写アップで。白いぱんつはいいものだ。

 今回はクロッチとそれに由来する皺まで造形されている。ようやく普通のエロ水準になった。

Copyright 2005~ Asahiwa.jp